ドーナッツ ロボティクス、ChatGPTを高齢者向けにチューニングし見守りロボットに搭載

2022年のTIME誌に特集された ロボットベンチャー、ドーナッツ ロボティクスは18日、「⼈類を場所・時間・⾔語・物理的な制約から解放する」をミッションに掲げるメタリアルとの協業で、ChatGPTを⾼齢者向けにチューニングし、⾒守りロボットに搭載する事を発表した。

先進国では独居⽼⼈が急速に増加している。多くの⾼齢者が持つ「孤独感」を 最新のテクノロジーで解消し、⾼齢者の幸福感と⽣活の質の向上を⽬指すロボット開発をスタートする。

「cinnamon」は、どんな内容の声掛けにも対応し、⼦供や孫のような存在になっていくという。

これまでも 会話AIは数多く存在したが、特定の場⾯では⼒を発揮するものの、会話が成り⽴たない事も多くあった。これに対して、これまでのAIとは学習⽅法の違うChatGPT会話AIは、⼈間にとって違和感のない会話が可能だという。

ChatGPTは、ユーザーの感情を汲み取る能⼒も進化しているが、メタリアル社は、ここに更にチューニングを加え、⾼齢者への思いやりを持ったAI会話の実現を⽬指すとしている。

見守りロボットがスマートスピーカーやTV、タブレットなどとの違いは、ロボットから呼びかける事ができる点。

ChatGPTは質問を待つしかない事が その弱点とも⾔えるが、ロボットがセンサーで⼈との間に⼊って 会話のきっかけ作りをすれば、そのマイナスも解消される。

また⾼齢者を監視するのではなく ⾒守っていく為には、そのハードウェアは⼈の形をデフォルメした ロボットが最適と考えられる。

⽇々のコミュニケーション機会を多く作った結果、⾼齢者の孤独感を薄められるよう開発を進める。両社は、⾼齢者との実験を経て、ロボット量産化を検討する予定だという。

関連URL

問合せ先 
ドーナッツ ロボティクス

関連記事

注目記事

  1. 2024-6-19

    NVIDIA、生成 AI が台風を追跡しエネルギー消費を抑制

    NVIDIAは12日、従来、CPU のクラスターで複雑なアルゴリズムを実行し、25キロメートル解像度…
  2. 2024-6-10

    アイスマイリー、認識系から生成系までAI活用の最前線ウェビナー28日開催

    AIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイスマイリーは、ビジネス現場向け最新AIウェビナ…
  3. 2024-5-31

    リブ・コンサルティング、「生成AIアプリケーション カオスマップ2024」を公開

    リブ・コンサルティングは29日、急速に発展する生成AIビジネス市場で欧米において生成AIアプリケーシ…
  4. 2024-5-23

    そらかぜ、AIで天気と相談するコーデアプリ「そらコーデ」公開

    そらかぜと日本気象協会は22日、AIを活用した新しいアプリ「そらコーデ」をiOSおよびAndroid…
  5. 2024-5-23

    ネクストシステム、AIで人物のシンクロ度を評価 「VP-Sync」を販売開始

    ネクストシステムは20日、AIで読み取った骨格情報から、人物動作のシンクロ度を自動評価するAIシンク…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る