関通、inVia Roboticsとの導入における基本合意を締結

関通は14日、今後のeコマースの規模拡大に対応するために、「inVia Robotics」が提供するAGV(Automatic Guided Vehicle、和文名称:無人搬送車)を導入することで、inVia Roboticsと基本合意したと発表した。

およそ200台の自立移動ロボットとAI駆動ソフトウェアを含む、inViaのモジュール式自動化システムにより、eコマースにおけるセンター運営プロセスを最適化し、生産性を飛躍的に効率化させる取り組みを進める。

ピッキングだけではなく、倉庫への格納、補充、在庫管理精度向上にも効果があると見込み、システムの最大活用に向けて今後協議を継続する方針。

最適な在庫保管、補充、inViaの最適な稼働システム導入において、早稲田大学創造理工学部経営システム工学科吉本研究所もチームメンバーに加わっている。

関通社内での導入を行い、今後日本国内で自社開発WMS(倉庫管理システム)であるクラウドトーマスと連携を行い、クラウドトーマスとinViaの販売に向けた協議を今後並行して継続していくという。

inVia Roboticsは、次世代の倉庫自動化ソリューションを提供するロボット企業。inVia Roboticsのシステムは、モバイルロボットとAI駆動のソフトウェアにより、eコマースビジネスがフルフィルメントセンターを通じて製品をより効率的に搬送する。これにより、生産性と精度が劇的に向上し、労務管理が最小限に抑えられ、従来の自動化に比べてわずかなコストで実現するという。

関連URL

関通

関連記事

COLUMN 時世時節

  1. 2020-11-9

    Society5.0的 タイムトラベル考察

    過去や未来へのタイムトラベルは、多くの人にとって「夢の旅行」だろう。そのタイムトラベルとの出会いは人…

注目記事

  1. 2021-3-4

    パナソニック、小型ロボットがエリア内の店舗から住宅へ商品を届ける実証実験を開始

    パナソニックは4日、アインホールディングス、Fujisawa SST協議会とともに、小型低速ロボット…

ピックアップ記事

  1. 過去や未来へのタイムトラベルは、多くの人にとって「夢の旅行」だろう。そのタイムトラベルとの出会いは人…

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

    ページ上部へ戻る