スペクティ、AIリアルタイム危機管理情報サービス『Spectee Pro』をNTTドコモが採用

Spectee(スペクティ)は15日、NTTドコモで、災害対応・危機管理対応を目的に、スペクティの提供するリアルタイム危機管理情報サービス『Spectee Pro(スペクティプロ)』が採用されましたと発表した。販売パートナーのソニービジネスソリューションとともに提案納入した。

『Spectee Pro』は、AI技術を活用して情報解析する、危機管理情報サービス。TwitterやFacebookなどのSNSに投稿された情報を解析し、災害情報や火災、事故等の緊急情報、感染症の情報、企業や自治体の危機管理に関する情報など、100以上の事象を、都道府県や市区町村、空港や駅、商業施設、事業所周辺といった対象と掛け合わせて、「どこで何が起きているか」を正確にリアルタイムに通知する。

ドコモは、通信回線や各種サービスの安定運用とサービス品質向上、事故や災害時迅速な対応のために、『Spectee Pro』を全国で導入した。回線やサービスの提供に影響を与える可能性のある自然災害や事故、局所的混雑などをいち早く察知し、必要な対策を迅速に実施できるよう、本サービスを活用する予定。また、大規模災害発生時にはSNSの投稿から被害状況を確認し、現地復旧出動の可否を判断するなど、災害支援への活用も検討されているという。

関連URL

『Spectee Pro』サービスの詳細及びトライアルの申し込み
Spectee (スペクティ)

関連記事

注目記事

  1. 2020-7-15

    AIポータルメディア「AIsmiley」、AIアノテーションカオスマップ2020を公開

    人工知能を搭載したサービスの資料請求ができるAIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイス…

ピックアップ記事

  1. 河合塾と、AI型教材「Qubena(キュビナ)」を提供するCOMPASSは13日、英語の4技能を統合…

カテゴリー

最近のコメント

    ページ上部へ戻る