インフォディオ、データ抽出AIエンジンAI-EXを開発

インフォディオは、データ抽出AIエンジン: AI-EXを開発 (特許出願済)。スマートOCRとの連携システム(β版)を9月16日リリースする。

AI-OCRソリューションである「スマートOCR」では定型・非定型の様々なフォーマットの帳票を汎用的にデータ化することが可能で、すでに多くの企業で利用されている。

通常AI-OCRでは抽出位置指定や抽出ルール、ルールエンジンの定義により、帳票から必要なデータを抽出する。しかし、これらの帳票定義・メンテナンス作業は多大な労力を必要とする。

開発した「AI-EX搭載スマートOCR」では、面倒な帳票定義が不要となる。

ユーザーが取り出したい項目をマウスでクリックするだけで、抽出項目の特徴量が機械学習され、学習モデルを基に自動的にデータ抽出が可能。AI-EXでは、少ない帳票枚数においても学習可能で、学習枚数が増えるに従ってデータ抽出精度が上がっていく。

フォーマットが異なる帳票である請求書、レシート、名刺、運転免許証などにおいては、AI-EX(β版) によるデータ抽出精度は76〜98% で、それぞれ抽出されたデータは確信度に応じて色分けされて表示可能。

データ化したい様々な帳票をユーザーがWEBブラウザで学習することが可能で、非定型帳票のデータ化業務が大幅に改善されると考えられるという。紙文書のデータ化が容易になりテレワーク等にも寄与するという。

9月16日にβ版をリリースして、年内に正式版をリリース予定。10月までに申し込んだユーザーは、無償にて利用可能だという。またスマートOCRクラウドトライアルでも試せる。

関連URL

AI-EX搭載 スマートOCR
インフォディオ

関連記事

注目記事

  1. 2021-9-27

    エーエヌラボ、AI画像査定サービス「かいとりロボ」で八幡自動車商会と実証実験開始

    エーエヌラボは27日、中古車販売会社の車両の買取査定の効率化を目的として、販売、車検、板金サービスを…
  2. 2021-9-22

    宇宙ミュージアムTeNQ、AI案内ロボット展示物解説サービス開始に向け試験導入

    東京ドームシティの黄色いビルにある宇宙ミュージアムTeNQ(テンキュー)では、サービスロボットのロー…
  3. 2021-9-21

    XNOVA、クラウドファンディングで「AI絵画×NFT」プロジェクト始動

    AIやブロックチェーンなど最新のテクノロジーをテーマに製品開発やクラウドファンディングの企画・運営を…
  4. 2021-9-17

    ヒトとロボットが共生するライフスタイルの発信拠点「PARK+」渋谷にオープン

    “パートナーロボットと暮らすライフスタイルを当たり前の世の中に”という想いのもと、ヒトとロボットが共…
  5. 2021-9-16

    大和書房、ロボットデザイナー・松井龍哉氏 初の単著発売

    大和書房は、『優しいロボット』(松井龍哉 著)を18日に発売する。 著者の松井龍哉氏は世界のロ…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る