インフォディオ、データ抽出AIエンジンAI-EXを開発

インフォディオは、データ抽出AIエンジン: AI-EXを開発 (特許出願済)。スマートOCRとの連携システム(β版)を9月16日リリースする。

AI-OCRソリューションである「スマートOCR」では定型・非定型の様々なフォーマットの帳票を汎用的にデータ化することが可能で、すでに多くの企業で利用されている。

通常AI-OCRでは抽出位置指定や抽出ルール、ルールエンジンの定義により、帳票から必要なデータを抽出する。しかし、これらの帳票定義・メンテナンス作業は多大な労力を必要とする。

開発した「AI-EX搭載スマートOCR」では、面倒な帳票定義が不要となる。

ユーザーが取り出したい項目をマウスでクリックするだけで、抽出項目の特徴量が機械学習され、学習モデルを基に自動的にデータ抽出が可能。AI-EXでは、少ない帳票枚数においても学習可能で、学習枚数が増えるに従ってデータ抽出精度が上がっていく。

フォーマットが異なる帳票である請求書、レシート、名刺、運転免許証などにおいては、AI-EX(β版) によるデータ抽出精度は76〜98% で、それぞれ抽出されたデータは確信度に応じて色分けされて表示可能。

データ化したい様々な帳票をユーザーがWEBブラウザで学習することが可能で、非定型帳票のデータ化業務が大幅に改善されると考えられるという。紙文書のデータ化が容易になりテレワーク等にも寄与するという。

9月16日にβ版をリリースして、年内に正式版をリリース予定。10月までに申し込んだユーザーは、無償にて利用可能だという。またスマートOCRクラウドトライアルでも試せる。

関連URL

AI-EX搭載 スマートOCR
インフォディオ

関連記事

注目記事

  1. 2021-6-14

    名古屋市、「AI・IoT人材BOOSTプログラム」2コースの参加者募集開始

    名古屋市は14日、イノベーションの担い手を創出するため、起業や新規事業の開発を目指す人材を育成するプ…
  2. 2021-6-10

    オルツ、「AI GIJIROKU」がiPhoneとAndroidに対応

    デジタルクローン、P.A.I.(パーソナル人工知能)を開発するオルツは10日、同社の「AI GIJI…
  3. 2021-6-8

    「AI受診相談ユビー」、サービス開始1年で月間利用者数100万人を突破

    Ubieは8日、同社が提供する、生活者向けWeb医療情報提供サービス「AI受診相談ユビー」が、サービ…
  4. 2021-6-7

    エルピクセル、医用画像解析ソフトウェア「EIRL Brain Aneurysm」脳動脈瘤候補点の検出精度が向上

    エルピクセルは4日、医用画像解析ソフトウェアEIRL Brain Aneurysmについて、脳動脈瘤…
  5. 2021-5-31

    AI食事管理アプリ「あすけん」、「kawaii diet」iOS版の提供を開始

    会員数560万人の国内最大級AI食事管理アプリ「あすけん」の開発・運営を行うaskenは31日、サン…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る