富士通、AIチャットボットとRPAによる新サービスを提供開始

富士通は24日、AIチャットボットとRPA技術を組み合わせて、銀行や保険会社における住所変更や保険金請求申請、控除証明書の再発行など各種申し込み手続きを自動化する金融分野向けの新サービス「FUJITSU Finplex チャットボット業務自動化サービス ScrumOne(Finplex ScrumOne=フィンプレックス スクラムワン)」を開発し提供を開始した。

本サービスは、顧客接点の高度化を実現する同社のAIチャットボット「Customer Engagement Solution CHORDSHIP powered by Zinrai(CHORDSHIP=コードシップ)」とRPAから成り、「CHORDSHIP」上の会話から、RPAが各種申請手続きに必要な項目を抽出し、既存のWeb申請フォーマットにデータを自動入力する。

これにより、利用者はチャットボット上の簡易な質問に回答するだけで、スマートフォンなどで手軽かつスムーズに申請手続きが完了できる。また、金融機関は既存の業務システムやWebフォーマットを活用して素早くチャットでの申請手続きサービスを立ち上げることができ、デジタルチャネル対応の促進と顧客接点の強化を支援する。

関連URL

「Finplex ScrumOne」
「CHORDSHIP」

関連記事

注目記事

  1. 2020-7-8

    GA-ASI、海上保安庁の遠隔操作無人機の飛行実証を日本で実施

    遠隔操縦無人機(RPA)システムの大手メーカー、米ジェネラル・アトミクス・エアロノーティカル・システ…

ピックアップ記事

  1. 河合塾と、AI型教材「Qubena(キュビナ)」を提供するCOMPASSは13日、英語の4技能を統合…

カテゴリー

最近のコメント

    ページ上部へ戻る