アイード、ネイティブキャンプがリリースするスピーキングテストにCHIVOXを提供

英語スピーキング評価AI技術「CHIVOX (チボックス) 」を提供するアイードは1日、ネイティブキャンが展開するオンライン英会話アプリ「ネイティブキャンプ英会話」のスピーキングテストの自動採点システムとして、CHIVOXの提供を開始したと発表致した。

「ネイティブキャンプ」のスピーキングテストはスピーキング評価AI技術「CHIVOX」を導入することで、従来のカウンセラーによるレベルチェックテストから、より客観的に英会話力を測定できるスピーキングテストとなった。

CHIVOXによる多次元フィードバックに、独自構築の採点アルゴリズムを掛け合わせることで、多面的かつ階層的な評価モデルを生成。スピーキングテスト採点の完全自動化を実現し、ネイティブキャンプ会員様は数値化されたスピーキング力の伸びを定期的に確認できるようになった。定期的にスピーキングテストを受講することで、会員のモチベーション維持を期待でき、英語学習の課題を明確化、そして最適な教材選択や学習方法の提案を受けることができる。

現在、ネイティブキャンプとアイードではCHIVOXの更なる利活用プロジェクトとして、アクセントや発音、文章構造に関する自習用素材「スピーキングトレーニング」の開発を進行中。スピーキングは、多くの英語学習者が練習不足のために本来の実力を発揮できていないという現状があることから、何度も自習することで力を発揮できるようになるサービス提供が狙い。

ネイティブキャンプとアイードは今後もスピーキングテストに留まらず、学習継続率やLTV向上等を企図した「学習成果の可視化」「試験対策」等、CHIVOXを最大限に活用した様々なサービスを順次開発、提供していくという。

関連URL

「ネイティブキャンプ英会話」
ネイティブキャンプ
アイード

関連記事

COLUMN 時世時節

  1. 2020-8-11

    Society5.0のキーワード①「RPA」「DX」「5G」

    Society5.0を支える第4次産業革命(AI・ロボット・ビッグデータ・IoT・DXなど先端技術)…

注目記事

  1. 2020-9-29

    医療教育オペクラウドVRが東京都スタートアップ実証実験促進事業に採択

    ジョリーグッドは29日、自社で展開している医療教育プラットフォーム「オペクラウドVR」の実証事業が、…

ピックアップ記事

  1. Society5.0を支える第4次産業革命(AI・ロボット・ビッグデータ・IoT・DXなど先端技術)…
  2. 2020年7月20日。AI・ロボットニュースを正式にリリースしました。 なぜ今、Society5.…
  3. 河合塾と、AI型教材「Qubena(キュビナ)」を提供するCOMPASSは13日、英語の4技能を統合…

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

    ページ上部へ戻る