アイード、ネイティブキャンプがリリースするスピーキングテストにCHIVOXを提供

英語スピーキング評価AI技術「CHIVOX (チボックス) 」を提供するアイードは1日、ネイティブキャンが展開するオンライン英会話アプリ「ネイティブキャンプ英会話」のスピーキングテストの自動採点システムとして、CHIVOXの提供を開始したと発表致した。

「ネイティブキャンプ」のスピーキングテストはスピーキング評価AI技術「CHIVOX」を導入することで、従来のカウンセラーによるレベルチェックテストから、より客観的に英会話力を測定できるスピーキングテストとなった。

CHIVOXによる多次元フィードバックに、独自構築の採点アルゴリズムを掛け合わせることで、多面的かつ階層的な評価モデルを生成。スピーキングテスト採点の完全自動化を実現し、ネイティブキャンプ会員様は数値化されたスピーキング力の伸びを定期的に確認できるようになった。定期的にスピーキングテストを受講することで、会員のモチベーション維持を期待でき、英語学習の課題を明確化、そして最適な教材選択や学習方法の提案を受けることができる。

現在、ネイティブキャンプとアイードではCHIVOXの更なる利活用プロジェクトとして、アクセントや発音、文章構造に関する自習用素材「スピーキングトレーニング」の開発を進行中。スピーキングは、多くの英語学習者が練習不足のために本来の実力を発揮できていないという現状があることから、何度も自習することで力を発揮できるようになるサービス提供が狙い。

ネイティブキャンプとアイードは今後もスピーキングテストに留まらず、学習継続率やLTV向上等を企図した「学習成果の可視化」「試験対策」等、CHIVOXを最大限に活用した様々なサービスを順次開発、提供していくという。

関連URL

「ネイティブキャンプ英会話」
ネイティブキャンプ
アイード

関連記事

注目記事

  1. 2024-2-23

    オルツ、2030年までにAIクローン5000万人創出を目指し現行業務のAI移行を加速

    P.A.I.(パーソナル人工知能)をはじめ、AIクローン技術でつくり出すパーソナルAIの開発および実…
  2. 2024-2-23

    ジョリーグッド、医療DXの二大課題を解決する「ひらけ、医療。」VR活用推進キャンペーン

    ジョリーグッドは、「ひらけ、医療。」プロジェクトの一環として、医療DXにおける二大課題を解決する「ひ…
  3. 2024-2-23

    産業用AIロボット研究開発のCoLab、独自の自律制御ロボット製品「AI Servo Robot System」リリース

    過酷な単純作業を自動化しサプライチェーンの変革を目指し、産業用AIロボットの開発・販売を行うCoLa…
  4. 2024-2-20

    オンラインでBtoBマッチング「ロボット・ドローン展示会」5月1日~15日開催

    「デジタル展示会」を運営しているプライスレスは19日、オンラインでできるBtoBマッチングとして「ロ…
  5. 2024-2-20

    【生成AIの印象は…?】22.2%が、生成AIの普及が「良いとは思わない」と回答=日本トレンドリサーチ調べ=

    NEXERが運営する日本トレンドリサーチは16日、「CREXiA」と共同で「生成AI」に関するアンケ…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る