コトバデザイン、対話AI実行環境「COTOBA Agent」サービス開始

コトバデザインは11日、対話AI実行環境「COTOBA Agent」の正式サービスを法人向けに提供開始し、同日に申込み受付も開始した。

本サービスは目的別にシナリオを作成することで、シナリオに沿ったユーザーとの自然な対話が実現可能。産業分野における音声アシスタント、コンタクトセンターにおける一次対応、企業・自治体の窓口業務の自動化、ロボットやMaaSへの応用など、多様な用途の対話エージェント開発が可能になるという。

「COTOBA Agent」は産業分野向け対話AI実行環境。これまでに無く高い自由度と運用の容易さを両立させたクラウドAPIサービスで、自由なシナリオ作成、カスタマイズ可能な意図解釈モデル、充実した開発支援ツールや運用支援ツール、と言った他に無い特徴を備えている。また、コアには先に公開されたOSSと同じエンジンが用いられ、高い透明性が確保されるだけでなく、共通のエンジン故にクラウドサービスとOSSベースのローカル環境との間に高いポータビリティが確保される点もユニークだという。

関連URL

「COTOBA Agent」

関連記事

注目記事

  1. 2020-7-12

    Kenneth Research、「包装ロボット市場:世界的な需要の分析及び機会展望2024年」発刊

    Kenneth Researchは10日、調査レポート「包装ロボット市場:世界的な需要の分析及び機会…

ピックアップ記事

  1. 河合塾と、AI型教材「Qubena(キュビナ)」を提供するCOMPASSは13日、英語の4技能を統合…

カテゴリー

最近のコメント

    ページ上部へ戻る