「無人受付ロボット」のドーナッツロボティクスがクラウドファンディングを開始

感染リスクを減らす「無人受付ロボット」と、コロナ対策「スマートマスク」を開発するドーナッツ ロボティクスは12日、株式投資型クラウドファンディングサービス「FUNDINNO(ファンディーノ)」で、5月 17日から募集による投資申込みの受付を開始すると発表した。

ドーナッツ ロボティクスは、社会問題解決にフォーカスしたスマートロボット「cinnamon(シナモン)」と、ロボット技術の応用した「ソーシャルディスタンス」の課題解決をするスマートマスク「c-mask(シーマスク)」の開発に成功している。

この度、羽田空港および病院・高齢者施設への本格導入のための「シナモン」量産、そして「c-mask」は、医療現場向け、個人向けソフトウェア開発に入ることになった。

そのため、5月9日から株式投資型クラウドファンディングFUNDINNOにおいて、募集案内の事前開示を開始した。同社は今回の資金調達により資本力の充実を図り、事業の成長に繋げるという。募集期間は2020年5月17日~2020年5月 19日、上限とする募集額は 2800万円(1口 10万、1人 5口まで)。

関連URL

ドーナッツ ロボティクス

関連記事

注目記事

  1. 2020-9-18

    搬送用自律移動ロボットMighty、イベントでデモンストレーション走行

    Piezo Sonicは、18日から本格始動する「HANEDA INNOVATION CITY」のオ…

ピックアップ記事

  1. Society5.0を支える第4次産業革命(AI・ロボット・ビッグデータ・IoT・DXなど先端技術)…
  2. 2020年7月20日。AI・ロボットニュースを正式にリリースしました。 なぜ今、Society5.…
  3. 河合塾と、AI型教材「Qubena(キュビナ)」を提供するCOMPASSは13日、英語の4技能を統合…

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

    ページ上部へ戻る