auじぶん銀行、TOPIXを分析・予測する「AI日本マーケット予測」の提供開始

auじぶん銀行は20日、「auじぶん銀行日本PMI」(日本PMI)や人工知能(AI)、日本の株価の過去推移を使って、今後のTOPIX(東証株価指数)を分析・予測する「AI日本マーケット予測」の提供を開始した。

日本PMIとAIを用いて日本の株価トレンドを分析・予測するサービスを提供するのは邦銀初だという。

本サービスでは「今月の日本株価トレンド」と「5営業日後のTOPIX予測」の2つのコンテンツを提供しており、顧客の株式投資などの資産運用の指標として役立てることが可能。

「今月の日本株価トレンド」は毎月日本PMIの確報値が発表された後、日本PMIとTOPIXの過去1カ月の動きから今月の日本株価トレンドを分析。「5営業日後のTOPIX予測」では5営業日後のTOPIXが上昇するか、下落するかをAIが予測する。

auじぶん銀行は、2017年6月に「AI外貨予測」を開始。「AI外貨予測」の的中率は約7割という高いパフォーマンスを維持し、また、UI/UXに高い評価を受け国内外のアワードを受賞している。本サービスは、この「AI外貨予測」に続くサービスとして、AIやビッグデータ解析などの技術に強みを持つフィンテックベンチャーのAlpacaJapanとの共同開発によって実現したもの。

また、本サービスは、2020年5月20日にバージョンアップした「じぶん銀行スマートフォンアプリ」で利用できる。スマホアプリ上では為替チャートや「AI外貨予測」と同じ「マーケット情報」のカテゴリに配置するとともに、auじぶん銀行と同じくauフィナンシャルグループのauカブコム証券において人気のある投資信託も掲載しており、顧客がより幅広い商品を検討・購入することを可能にするという。

関連URL

「AI日本マーケット予測」
auじぶん銀行

関連記事

COLUMN 時世時節

  1. 2020-8-11

    Society5.0のキーワード①「RPA」「DX」「5G」

    Society5.0を支える第4次産業革命(AI・ロボット・ビッグデータ・IoT・DXなど先端技術)…

注目記事

  1. 2020-9-29

    医療教育オペクラウドVRが東京都スタートアップ実証実験促進事業に採択

    ジョリーグッドは29日、自社で展開している医療教育プラットフォーム「オペクラウドVR」の実証事業が、…

ピックアップ記事

  1. Society5.0を支える第4次産業革命(AI・ロボット・ビッグデータ・IoT・DXなど先端技術)…
  2. 2020年7月20日。AI・ロボットニュースを正式にリリースしました。 なぜ今、Society5.…
  3. 河合塾と、AI型教材「Qubena(キュビナ)」を提供するCOMPASSは13日、英語の4技能を統合…

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

    ページ上部へ戻る