ミラセンシズ、AI校正・校閲ソリューション『AI editor』の新機能リリース

ミラセンシズは1日、AIを活用した自動文章校正・校閲ソリューション『AI editor』の新機能をリリースしたと発表した。

リリースした機能は、「掲載違反画像の検出機能」「事業所をはじめとする住所の実在チェック」「最新鋭の自然言語処理技術「BERT」を利用した誤字脱字検知機能」の3つ。

また、「人物名や固有名詞の表記揺れチェック」「英語対応」「統計情報の引用に対するアラート」「Microsoft Office対応(word、powerpoint)」の4つの機能の追加を予定している。

『AI editor』は、AI・機械学習に精通した技術者集団のミラセンシズが提供する、最先端のAI・機械学習技術を活用した文章校正・校閲ソリューション。初期費用10万円、月額利用料30万円~のサブスクリプション型サービスとして提供しており、IT / 出版 / 製造 / 金融など、様々な業界から20社以上の問い合わせがあり、業務への導入が進んでいるという。

関連URL

ミラセンシズ

関連記事

注目記事

  1. 2021-7-21

    オルツ、ビデオ会議にリアルタイムで翻訳字幕を表示できる「AI翻訳」をリリース

    デジタルクローン、P.A.I.(パーソナル人工知能)を開発するオルツは21日、ビデオ会議にリアルタイ…
  2. 2021-7-20

    AIポータルメディア「AIsmiley」、AIサービス導入企業へのインタビュー記事配信開始

    人工知能を搭載したサービスの資料請求ができるAIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイス…
  3. 2021-7-16

    AIとAR搭載のドライブレコーダーアプリ『AiRCAM』のiOS版を提供開始

    ナビタイムジャパンは16日、AIとARを搭載したドライブレコーダーアプリ『AiRCAM』(エアカム)…
  4. 2021-7-14

    内閣府、最先端科学技術を200点以上展示した「Society 5.0科学博」が開幕

    内閣府は、海洋研究開発機構(JAMSTEC)との共同主催で、Society 5.0の実現に資するあら…
  5. 2021-7-13

    スペクティ、AIで出雲市の浸水被害を3Dマップにシミュレーション

    防災テックベンチャーのSpecteeは13日、島根県出雲市で2021年7月12日に発生した河川の氾濫…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る