サイトビジット、AIによる宅建試験出題予測「未来問」無料提供を開始

難関法律資格に特化したオンライン学習サービス「資格スクエア」を運営するサイトビジットは、宅地建物取引士(宅建士)試験受験者向けにAIによる試験問題出題予測サービス「未来問(みらいもん)」の第1回目を無料提供している。第2回目以降は有料となる。

未来問とは、AIが過去問の出題傾向を学習することにより、試験問題を予測する試験問題出題予測サービス。このAIは、過去問を自動的に分類する分類エンジンと、本試験の問題を予測する予測エンジンの2つから成り立っている。このサービスでは過去問から今年出題される問題をAIが予測する。

宅建試験は宅地建物取引士(宅建士)になるための試験で、宅地建物取引業に必要な知識について問われるもの。受験資格がないため、様々な人が受験する。不動産業界でキャリアアップを目指す人だけでなく、宅建士は法律資格の登竜門と呼ばれることもあり、法律学習の第一歩のために受験するひとも少なくない。

例年、宅建試験の受験者数は20万人前後で推移し、合格率は約15%。宅建試験の合格ラインは毎年70%前後で、出題される50問のうち35問に正解することが合格の目安になる。

それに対し、2019年に実施した宅建未来問では、74%のカテゴリ的中率を記録したという。宅建未来問は、「心強い」「合格への決定打となった」などといったお声をはじめ、受験者に好評価を得て、これまで1万9000名を超える人が利用した。

この結果を受け、2020年10月18日(予定)に試験を迎える宅建士試験に向け、宅建士試験を目指す多くの人に未来問を活用してもらうため、2020年宅建「未来問」 (第1回)の問題・解答・解説講義を無料公開した。

関連URL

宅建士試験未来問ページ
サイトビジット

関連記事

注目記事

  1. 2024-7-19

    人機一体、直感的な操作システム搭載人型重機が JR西日本の鉄道設備メンテナンスに導入

    人機一体は17日、同社のロボット工学技術が搭載された初めての製品となる「多機能鉄道重機」が、7 月か…
  2. 2024-7-17

    順天堂大学、AIを用いた脳容積解析ソフトウェアを開発

    順天堂は16日、順天堂大学保健医療学部診療放射線学科の後藤政実 先任准教授、京極伸介 教授、代田浩之…
  3. 2024-7-12

    生成AIによるオススメフォントのアドバイスサービス「DynaGPT」リリース記念キャンペーン

    主に文字フォント開発、およびその関連製品の開発・販売・保守を行う、ダイナコムウェアは、生成AIによる…
  4. 2024-7-6

    WITCRAFT、生成AIを活用した動画サービスDO/AI(ドゥ・エーアイ)を提供開始

    WITCRAFTは2日、生成AIを活用した動画サービスDO/AI(ドゥ・エーアイ)を提供開始した。 …
  5. 2024-7-3

    AI英語アプリ「マグナとふしぎの少女」、GIGAスクール端末向けにアップデート

    昨年夏、学校内で流行りすぎて公開停止となったミントフラッグの英語学習アプリ「マグナとふしぎの少女」は…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る