オルツとNSW、企業のDXを加速する総合AIソリューションで連携

オルツグループ(オルツ)と、日本システムウエア(NSW)は9日、企業のDX(デジタルトランスフォーメーション)推進に特化した、総合的なAI技術の導入提案を共同で行っていくと発表した。

これまで、多くのAI関連企業はその技術を用いて企業のデジタライゼーションを推進してきた。しかし、本来目指すべきDXの姿に対し、実現されてきたことはその一部で、業務の省力化、省人化に終始してきた感があるという。

この課題に対し、企業のさらに高度なDXを実現するため、オルツのAIソリューションと人間個人のAIクローンを生成する技術を、システムインテグレーションで高い実績を持つNSWの顧客課題解決力と連携させ、総合AIソリューションとして提供することになった。

オルツは、「AI GIJIROKU(AI議事録)」、「NeoRMR(自然言語処理)」や「FG-NER(自然言語処理)」などのデジタライゼーションとその価値化の技術を多く有している。これらの技術により、アナログデータをデジタル化する作業を簡便化した上で、定性的な個人の活動データを定性的なままシミュレーションできるオルツのAIクローン技術を用いて顧客のDXを推進する。

NSWは、システムインテグレーションの現場において必要とされる、情報のインプット、処理、アウトプットの各フェーズに適したAIソリューションを提供。さらに、様々な定性情報を掛け合わせ、より付加価値の高いソリューションを実現するためにオルツの技術を活用する。

関連URL

オルツ
オルツテクノロジーズ
日本システムウエア(NSW)

関連記事

注目記事

  1. 2020-7-8

    GA-ASI、海上保安庁の遠隔操作無人機の飛行実証を日本で実施

    遠隔操縦無人機(RPA)システムの大手メーカー、米ジェネラル・アトミクス・エアロノーティカル・システ…

ピックアップ記事

  1. 河合塾と、AI型教材「Qubena(キュビナ)」を提供するCOMPASSは13日、英語の4技能を統合…

カテゴリー

最近のコメント

    ページ上部へ戻る