オルツとNSW、企業のDXを加速する総合AIソリューションで連携

オルツグループ(オルツ)と、日本システムウエア(NSW)は9日、企業のDX(デジタルトランスフォーメーション)推進に特化した、総合的なAI技術の導入提案を共同で行っていくと発表した。

これまで、多くのAI関連企業はその技術を用いて企業のデジタライゼーションを推進してきた。しかし、本来目指すべきDXの姿に対し、実現されてきたことはその一部で、業務の省力化、省人化に終始してきた感があるという。

この課題に対し、企業のさらに高度なDXを実現するため、オルツのAIソリューションと人間個人のAIクローンを生成する技術を、システムインテグレーションで高い実績を持つNSWの顧客課題解決力と連携させ、総合AIソリューションとして提供することになった。

オルツは、「AI GIJIROKU(AI議事録)」、「NeoRMR(自然言語処理)」や「FG-NER(自然言語処理)」などのデジタライゼーションとその価値化の技術を多く有している。これらの技術により、アナログデータをデジタル化する作業を簡便化した上で、定性的な個人の活動データを定性的なままシミュレーションできるオルツのAIクローン技術を用いて顧客のDXを推進する。

NSWは、システムインテグレーションの現場において必要とされる、情報のインプット、処理、アウトプットの各フェーズに適したAIソリューションを提供。さらに、様々な定性情報を掛け合わせ、より付加価値の高いソリューションを実現するためにオルツの技術を活用する。

関連URL

オルツ
オルツテクノロジーズ
日本システムウエア(NSW)

関連記事

注目記事

  1. 2024-7-17

    順天堂大学、AIを用いた脳容積解析ソフトウェアを開発

    順天堂は16日、順天堂大学保健医療学部診療放射線学科の後藤政実 先任准教授、京極伸介 教授、代田浩之…
  2. 2024-7-12

    生成AIによるオススメフォントのアドバイスサービス「DynaGPT」リリース記念キャンペーン

    主に文字フォント開発、およびその関連製品の開発・販売・保守を行う、ダイナコムウェアは、生成AIによる…
  3. 2024-7-6

    WITCRAFT、生成AIを活用した動画サービスDO/AI(ドゥ・エーアイ)を提供開始

    WITCRAFTは2日、生成AIを活用した動画サービスDO/AI(ドゥ・エーアイ)を提供開始した。 …
  4. 2024-7-3

    AI英語アプリ「マグナとふしぎの少女」、GIGAスクール端末向けにアップデート

    昨年夏、学校内で流行りすぎて公開停止となったミントフラッグの英語学習アプリ「マグナとふしぎの少女」は…
  5. 2024-6-19

    NVIDIA、生成 AI が台風を追跡しエネルギー消費を抑制

    NVIDIAは12日、従来、CPU のクラスターで複雑なアルゴリズムを実行し、25キロメートル解像度…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る