生活支援型高度専門人材育成機関「RISEbyStudy」が2つの短期集中プログラムを開始

ライズバイは10日、『生活支援型高度専門人材育成機関』である「RISEbyStudy」で、AIエンジニアを育成する「RISEbyStudyライトニング2020」と、DX中核人材を育成する「RISEbyStudy forDX」を、7月1日から開講、参加者の募集を開始した。

これまでにRISEbyStudy第1弾として、AIエンジニア育成と就職支援を目的とした3カ月間の短期集中プログラム「RISEbyStudyライトニング2020」を2020年3月に開講、6月末に最初の卒業生が巣立つ。

同プログラムは「RISEbyStudy」本コース(2021年開始予定)のエッセンスを凝縮、短期間でのキャリアアップを目指すエンジニアと、先端IT人材を採用したい企業や自治体を対象にサービスを提供している。

前回、各方面から多くの反響があったことを受けて、この7月から「RISEbyStudyライトニング2020」第2期以降の募集を開始する。

第2期以降は第1期から学んだ改善点を反映するだけでなく、Post/Withコロナ時代に対応、リモートでの受講を前提としたコースとなっている。

関連URL

各プログラムの詳細
ライズバイ

関連記事

注目記事

  1. 2020-7-12

    Kenneth Research、「包装ロボット市場:世界的な需要の分析及び機会展望2024年」発刊

    Kenneth Researchは10日、調査レポート「包装ロボット市場:世界的な需要の分析及び機会…

ピックアップ記事

  1. 河合塾と、AI型教材「Qubena(キュビナ)」を提供するCOMPASSは13日、英語の4技能を統合…

カテゴリー

最近のコメント

    ページ上部へ戻る