スペースワン、8基のスラスター搭載の水中ドローン『CHASING M2』 日本初登場

中国深セン本社の水中ドローンベンチャー企業のCHASING社とパ―トナー締結しているスペースワンは10日、新製品『CHASING M2』を発表した。

産業用途向け・プロユーザー向けに設計・開発された高性能水中ドローンである『CHASING M2』は、ベクトル化された8基のスラスター搭載により360度全方位への自由自在な移動が可能で、潜航水深は100メートル。

これまで販売されている機種でも希少な、バッテリーの着脱・交換式で連続運用時間も大幅に拡大。更にオプションとなる多種のアタッチメントを装着することで、水中でのM2の活躍の可能性は無限に広がる。水中ドローンは『見る』から『作業』の時代にかわりつつあるという。

古くから水中撮影や調査、作業などで活躍してきたROV(Remotely operated vehicle)に比べ、小型・軽量で高い操作性を兼ね備えた水中ドローンは、漁業や海洋事業を行う企業の中で近年注目を集め、様々な分野での利活用が進んでいる。しかし、ロボットアームやソナーなど、多様な機能を搭載可能なROVと比較すると、「見る・撮る」ことが用途の中心となっている。

今回新発売となる『CHASING M2』は、水中産業での様々な用途を想定して設計・開発された水中ドローンで、機動性や作業性が大幅に向上した産業用・プロユースを意識した機種となっている。

大きな特徴は、8基のベクトル化されたスラスターを搭載。これにより前後、左右の横移動、上下、360度のチルト、横回転など、全方位、全角度への自由度を可能にした。さらに、『CHASING M2』はグリッパー、GoPro、外部LEDライト、レーザー、センサー等の多種のアタッチメントの取り付けが可能で、水中での多様な『作業』を実現する。

関連URL

CHASING M2購入
CHASING M2先行予約
GLADIUS HP

スペースワン 

関連記事

注目記事

  1. 2024-5-10

    生成AI・ChatGPTが進化させるイベント情報メディア「EventNews」サービス開始

    bravesoftは9日、新たなAI技術を活用したイベント情報メディア「EventNews」のサービ…
  2. 2024-5-10

    テラドローン、九州電力送配電にAIを搭載したドローン自動鉄塔点検システムを導入

    Terra Drone(テラドローン)は8日、九州電力送配電に、AI によるがいし自動検出機能を搭載…
  3. 2024-5-10

    アイスマイリー、「AI博覧会 Summer 2024」を8月29日30日に開催

    AIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイスマイリーは、8月29日~8月30日に「AI博…
  4. 2024-5-8

    エファタ、「AI遺言書作成支援サービス」の無償提供を開始

    エファタは2日、法律的な要件を満たしたうえで、AIとの会話を通して遺言者の希望に沿った遺言書の下書き…
  5. 2024-5-8

    生成AIサービスの本格導入を計画している地方自治体は7割以上=イマクリエ調べ=

    イマクリエは、2024年2月から4月の3カ月間に、106の地方自治体に対して、生成AI活用状況のヒア…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る