『AI Samurai』にAIが検索式を自動的に生成する「AIコラボ検索」機能を搭載

大阪大学発のベンチャー企業であるAI Samurai (エーアイサムライ)は18日、AI特許類似文献評価システム『AI Samurai』に、入力した発明内容からAIが検索式を自動的に生成する「AIコラボ検索(通称:NINJAモード)」という新しい機能を搭載すると発表した。

発明内容を文章で入力すると、入力された文章からAIが調査のための検索式を自動的に生成。これにユーザーによるチェックを加えて検索式を修正したうえで、AIが類似文献の一覧を表示することが出来る新しい機能だという。

NINJAモードは、AI特許文献評価システム『AI Samurai』の使用方法と同じように、「発明内容」を文章で入力すると、AIが類似文献を抽出する仕組みを可視化し、検索式を自動的に生成する。また、生成された検索式は人が編集することも可能で、従来の特許検索システムのように検索式の作成から公報のレビューも可能としている。これによって、AIと人間がコラボレーションする特許調査を体感することができるという。

NINJAモードの詳細につきましては、AI Samurai知財革新セミナー第8弾として2020年7月3日に開催予定の特別記念セミナーでも紹介する。

関連URL

AI Samurai

関連記事

注目記事

  1. 2020-7-12

    Kenneth Research、「包装ロボット市場:世界的な需要の分析及び機会展望2024年」発刊

    Kenneth Researchは10日、調査レポート「包装ロボット市場:世界的な需要の分析及び機会…

ピックアップ記事

  1. 河合塾と、AI型教材「Qubena(キュビナ)」を提供するCOMPASSは13日、英語の4技能を統合…

カテゴリー

最近のコメント

    ページ上部へ戻る