第1回「BIGDATA x AI Competition」開催

札幌市を拠点とするビッグデータ・AIコンペティション実行委員会は19日、国内外問わず優秀な研究者・技術者などを対象に、データサイエンスコンペ「BIGDATA x AI Competition」を開催すると発表した。

コンペではAIの新技術を適用し、実在するビッグデータを課題としてテーマに沿った回答提出、および、それに必要なシステムを開発する。

第1回目となるコンペのテーマは、スーパーマーケットやドラッグストア等の小売店にある陳列棚を撮影した画像から、商品画像を切り抜いた画像データセットを提供するので、これらの画像から正しい商品を類推する仕組みを構築する。アルゴリズム評価、大規模データ評価の2ステージを設け、ステージが進む度にデータ量を増やして課題を出題し、評価の精度などを元に審査する。ステージ1、2ともに優秀な人には賞金を授与するほか、最終審査で優勝した人には実システムへの実装する開発を発注するという。

コンペの参加方法は、「BIGDATA x AI Competition」公式Webサイトから、Webフォームで参加表明を行う。応募を受理次第、当事務局からデータセット(小)を支給する。それを元に課題への回答データを作成し、技術提案フォームと合わせて提出。以降、合計4回に渡ってデータセットを支給するので、課題への回答を提出し、最終審査で優秀者を選出する。

関連URL

「BIGDATA x AI Competition」
参加表明フォーム

関連記事

注目記事

  1. 2024-3-1

    鹿島、画像AIを用いて技能者の人数と作業時間を自動で把握するシステムを開発

    鹿島は2月29日、画像AIと独自の解析アルゴリズムを用いて、指定した作業エリア内における技能者の人数…
  2. 2024-3-1

    ユニフィニティー、AIおまかせ設定でモバイルアプリを自動生成する新機能を無料提供

    ユニフィニティーは2月29日、ノーコード・業務用モバイルアプリ作成の無料ツール「Unifinity …
  3. 2024-2-23

    オルツ、2030年までにAIクローン5000万人創出を目指し現行業務のAI移行を加速

    P.A.I.(パーソナル人工知能)をはじめ、AIクローン技術でつくり出すパーソナルAIの開発および実…
  4. 2024-2-23

    ジョリーグッド、医療DXの二大課題を解決する「ひらけ、医療。」VR活用推進キャンペーン

    ジョリーグッドは、「ひらけ、医療。」プロジェクトの一環として、医療DXにおける二大課題を解決する「ひ…
  5. 2024-2-23

    産業用AIロボット研究開発のCoLab、独自の自律制御ロボット製品「AI Servo Robot System」リリース

    過酷な単純作業を自動化しサプライチェーンの変革を目指し、産業用AIロボットの開発・販売を行うCoLa…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る