AI Shift、AIチャットボット「AI Messenger」にシナリオ改善トレーニングを追加

AI Shiftは19日、提供するAIチャットボット「AI Messenger」に、シナリオ毎の離脱率や解決率が可視化できる「シナリオ改善トレーニング」を追加したと発表した。

同社ではこれまで、”ユーザーの疑問解決にこだわった回答精度の高いAIチャットボット”の提供に向け、AIエンジンの強化や運用サポート機能『AI Compass』の開発、また産学連携によるアカデミックな研究などを進めてきた。

新たに追加した「シナリオ改善トレーニング」は、細分化されたシナリオ単位でユーザーの「離脱率」「到達数」「到達率」「解決率」が可視化できる機能。改善が必要な箇所を数値で分かりやすく明示されることで、ユーザーの自己解決の促進が期待できるという。

同社では、現在50社限定で過去の問い合わせデータ分析を無償提供するキャンペーンを実施している。分析による問い合わせ内容の可視化から、チャットボットのスムーズな初期構築や導入後の効果の事前予測が可能だという。

キャンペーン概要

キャンペーン期間:6月2日(火) ~ 6月30日(火)
活用例:自動化可能な領域の明確化、チャットボット導入効果の予測、サービス改善

詳細・申し込み

関連URL

AIチャットボット「AI Messenger」
AI Shift

関連記事

COLUMN 時世時節

  1. 2020-8-11

    Society5.0のキーワード①「RPA」「DX」「5G」

    Society5.0を支える第4次産業革命(AI・ロボット・ビッグデータ・IoT・DXなど先端技術)…

注目記事

  1. 2020-9-26

    RPAとAIの祭典「NTTDATA WinActorラウンジ2020」10月9日開催

    「WinActorラウンジ」は、これまでWinActorユーザーのみに限定開催され、例年2000名以…

ピックアップ記事

  1. Society5.0を支える第4次産業革命(AI・ロボット・ビッグデータ・IoT・DXなど先端技術)…
  2. 2020年7月20日。AI・ロボットニュースを正式にリリースしました。 なぜ今、Society5.…
  3. 河合塾と、AI型教材「Qubena(キュビナ)」を提供するCOMPASSは13日、英語の4技能を統合…

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

    ページ上部へ戻る