impactTV、アフターコロナ見据え検温AIサイネージ 「FACE CATCHER」受注開始

流通・サービス店舗に特化したアウトソーシング事業を展開するインパクトホールディングスの子会社で、デジタルサイネージを中心とした店頭販促トータルソリューションの提供を行なっているimpactTVは24日、アフターコロナのニューノーマルを見据え、検温AIサイネージ 「FACE CATCHER」 の受注を開始した。

現在、世界的規模での新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大に伴い、社会レベルでの感染拡大防止や感染予防に向けたソリューションが求められている。特定多数が出入りする会社や学校、また不特定多数が集まる飲食店や商業施設、公共施設等のエントランスで行われる人の手を介した検温やマスクチェック。

属人的な方法だけで進めるには現場の負担が大きく、中長期的に対策をし続けることは大変な困難がある。これらの背景を見据えて、顔認識技術をも活用しながら検温とマスクチェックが高速・高精度で可能となるAIサイネージの検討を重ね、「FACE CATCHER」の受注開始に至ったという。

「FACE CATCHER」は、「Webブラウザから簡単設定」「検知結果、認識データの出力」「Web管理サーバによる一括管理と拡張性」「応用的な活用」等の特徴がある。

関連URL

impactTV
インパクトホールディングス

関連記事

注目記事

  1. 2024-7-19

    人機一体、直感的な操作システム搭載人型重機が JR西日本の鉄道設備メンテナンスに導入

    人機一体は17日、同社のロボット工学技術が搭載された初めての製品となる「多機能鉄道重機」が、7 月か…
  2. 2024-7-17

    順天堂大学、AIを用いた脳容積解析ソフトウェアを開発

    順天堂は16日、順天堂大学保健医療学部診療放射線学科の後藤政実 先任准教授、京極伸介 教授、代田浩之…
  3. 2024-7-12

    生成AIによるオススメフォントのアドバイスサービス「DynaGPT」リリース記念キャンペーン

    主に文字フォント開発、およびその関連製品の開発・販売・保守を行う、ダイナコムウェアは、生成AIによる…
  4. 2024-7-6

    WITCRAFT、生成AIを活用した動画サービスDO/AI(ドゥ・エーアイ)を提供開始

    WITCRAFTは2日、生成AIを活用した動画サービスDO/AI(ドゥ・エーアイ)を提供開始した。 …
  5. 2024-7-3

    AI英語アプリ「マグナとふしぎの少女」、GIGAスクール端末向けにアップデート

    昨年夏、学校内で流行りすぎて公開停止となったミントフラッグの英語学習アプリ「マグナとふしぎの少女」は…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る