DeepEyeVision、AI・人工知能ベンチャー支援制度「AI.Accelerator」に採択

自治医科大学発ベンチャーで、AIによる眼科画像診断支援サービスを展開するDeepEyeVisionは25日、ディップが運営する、日本初のAI・人工知能ベンチャー支援制度「AI.Accelerator」の13期生企業として採択されたと発表した。

DeepEyeVisionは、自治医科大学と共同で独自開発した画像診断AIを用いて、クラウド型眼科画像診断支援サービスを展開しており、本サービスでは、眼科診療時に撮影した眼底画像から、AIが診断候補を確率とともに提示することで、医師による診断の効率化と正確性の向上を実現している。

今回、DeepEyeVisionは、AI特化のインキュベーションプログラム「AI.Accelerator」の第13期生企業として採択されたことを契機に、同プログラムが持つAI特化メンタリングチームや、医療・福祉分野を含む企業データや営業リソースを活用し、ビジネスモデルの強化を図ることで、同社が保有する医療AI技術の社会実装を加速させるという。

「AI.Accelerator」は、日本初のAI・人工知能ベンチャー支援制度だという。採択企業・個人にはメンタリング、データ、事業資金、PR、採用支援を提供。2017年4月から7回の公募でのべ442件の応募の中から支援制度合計56社を採択した。それぞれ支援チームと共に、3カ月間のアクセラレータ・プログラムを経て、採択56社中1社がグローバルなAI企業育成投資制度である「Zeroth.ai」にも採択されたのをはじめとして、各種イベントでも入賞を果たし、80%が投資家から資金調達し事業化を推進しているという。

関連URL

「AI.Accelerator」採択企業の一覧・活動の成果
DeepEyeVision

関連記事

COLUMN 時世時節

  1. 2020-11-9

    Society 5.0的 タイムトラベル考察

    過去や未来へのタイムトラベルは、多くの人にとって「夢の旅行」だろう。そのタイムトラベルとの出会いは人…

注目記事

  1. 2021-1-19

    チャットボット中心のマーケ情報を扱うWebメディア「BOTCHAN BASE」ローンチ

    チャットボットサービス「BOTCHAN」の開発やSNSマーケティングの支援事業などを手がけるwevn…

ピックアップ記事

  1. 過去や未来へのタイムトラベルは、多くの人にとって「夢の旅行」だろう。そのタイムトラベルとの出会いは人…

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

    ページ上部へ戻る