RPAが物出し作業を代行する「らくらく物出しロボ」対応サイト数が50を突破

不動産テックに特化した業界垂直統合SaaS「いえらぶCLOUD」を提供するいえらぶGROUPは24日、RPAが自動で物出し作業を行う「らくらく物出しロボ」の対応サイト数が50を突破したと発表した。

「らくらく物出しロボ」は、指定されたサイトをRPAが自動で確認し、自社システムに登録する業務を代行するサービス。物出し作業にかかる時間が大幅に短縮・コストカットできることに加え、人的作業で発生するミスが削減される。2020年4月にリリースされ、このたび対応サイト数が50を突破した。

また、同シリーズ「らくらくぶっかくロボ」と併用することにより、その後の物件更新作業も自動化することが可能。今後もRPAを使ったサービスを拡充し、不動産業界のDX推進とRPAによる業務の自動化を促進していくという。

関連URL

「らくらく物出しロボ」
RPAらくらくロボシリーズ
いえらぶGROUP

関連記事

注目記事

  1. 2020-7-12

    Kenneth Research、「包装ロボット市場:世界的な需要の分析及び機会展望2024年」発刊

    Kenneth Researchは10日、調査レポート「包装ロボット市場:世界的な需要の分析及び機会…

ピックアップ記事

  1. 河合塾と、AI型教材「Qubena(キュビナ)」を提供するCOMPASSは13日、英語の4技能を統合…

カテゴリー

最近のコメント

    ページ上部へ戻る