風力発電設備のAIブレード分析サービスの点検サービス数が国内で100基突破

LEBO ROBOTICSは6月30日、同社が2019年から取り扱う、フランスのコルニス SAS社が提供するAIブレード分析サービス「PANOBLADE」の点検サービス数が、100基を突破したと発表した。

欧米の陸上/洋上風車で多くの実績を持つフランスの Cornis SAS社が提供するAIブレード分析サービス「PANOBLADE」。

この技術の特徴は、「①地上から超望遠カメラでブレードを自動で撮影」「②AIと欧州ブレードのプロフェッショナルによるダメージ診断」「③通常の点検報告書に加え、ブレード全体の詳細を把握できるクラウドサービス」の3つ。

欧米ではもちろんのこと、中国、インド、南米、中東、北アフリカ等世界中で使用されている信頼の技術。現時点で1万基以上の実績があり、そうそうたるメーカーや風力事業者、補修業者に採用されているという。

関連URL

LEBO ROBOTICS

関連記事

COLUMN 時世時節

  1. 2020-8-11

    Society5.0のキーワード①「RPA」「DX」「5G」

    Society5.0を支える第4次産業革命(AI・ロボット・ビッグデータ・IoT・DXなど先端技術)…

注目記事

  1. 2020-9-26

    RPAとAIの祭典「NTTDATA WinActorラウンジ2020」10月9日開催

    「WinActorラウンジ」は、これまでWinActorユーザーのみに限定開催され、例年2000名以…

ピックアップ記事

  1. Society5.0を支える第4次産業革命(AI・ロボット・ビッグデータ・IoT・DXなど先端技術)…
  2. 2020年7月20日。AI・ロボットニュースを正式にリリースしました。 なぜ今、Society5.…
  3. 河合塾と、AI型教材「Qubena(キュビナ)」を提供するCOMPASSは13日、英語の4技能を統合…

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

    ページ上部へ戻る