風力発電設備のAIブレード分析サービスの点検サービス数が国内で100基突破

LEBO ROBOTICSは6月30日、同社が2019年から取り扱う、フランスのコルニス SAS社が提供するAIブレード分析サービス「PANOBLADE」の点検サービス数が、100基を突破したと発表した。

欧米の陸上/洋上風車で多くの実績を持つフランスの Cornis SAS社が提供するAIブレード分析サービス「PANOBLADE」。

この技術の特徴は、「①地上から超望遠カメラでブレードを自動で撮影」「②AIと欧州ブレードのプロフェッショナルによるダメージ診断」「③通常の点検報告書に加え、ブレード全体の詳細を把握できるクラウドサービス」の3つ。

欧米ではもちろんのこと、中国、インド、南米、中東、北アフリカ等世界中で使用されている信頼の技術。現時点で1万基以上の実績があり、そうそうたるメーカーや風力事業者、補修業者に採用されているという。

関連URL

LEBO ROBOTICS

関連記事

COLUMN 時世時節

  1. 2020-11-9

    Society 5.0的 タイムトラベル考察

    過去や未来へのタイムトラベルは、多くの人にとって「夢の旅行」だろう。そのタイムトラベルとの出会いは人…

注目記事

  1. 2021-1-21

    「音声によるマイクロ・ロボットタクシー Mopiの呼び出し」の社会実験を実施

    PerceptIn Japan(パーセプティン)は21日、マクニカおよびコトバデザインと共同で、平城…

ピックアップ記事

  1. 過去や未来へのタイムトラベルは、多くの人にとって「夢の旅行」だろう。そのタイムトラベルとの出会いは人…

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

    ページ上部へ戻る