ネッコス、人工知能(AI)搭載キャラクターの実証実験スタート間近

ネッコスは6月30日、これまでの機械的な人工知能(AI)とは違った新しいAIコミュニケーションの提案のため、より人間同士の対話に近いやり取りが可能な人工知能(AI)搭載キャラクター「おばあちゃん・みならいちゃん」をリリースした。

まずは、第1弾として店舗の混雑状況確認、商品案内等をメインに実証実験をはじめ、来店客を対象に、自然な対話や面白いと感じられるコミュニケーションを体感してもらうため、実証実験の準備を進めているという。

ネッコスは、これまでLINE APIを用いた開発をメインに、店舗やECサイトの運営・接客をサポートするサービスを提供してきた。

その中の一つとして、店舗やECサイトと連携しLINEでサービスを提供するシステム「ききなす(KIKINAS)」から誕生した2つの人工知能(AI)搭載キャラクター『おばあちゃん・みならいちゃん』は、店舗やECサイトの商品・サービス案内やコミュニケーションのサポートを行う。

現在は、第一フェーズの「コミュニケーション」にフォーカスした機能で、コワーキングカフェ「comfull(コンフル)」との実証実験をスタートするため、実証実験の準備を進めている。

急速に数を増やし続けるAIや複雑化するアプリには、「複雑で使いづらい」「コミュニケーションが一方的に感じる」「売上や効率化を求め大衆画一化している」などの課題点があるという。

人工知能(AI)搭載キャラクター『おばあちゃん・みならいちゃん』は、ユーザーに「伝わる・繋がる」会話の面白さを第一に体感してもらうべく、まるで人と対話しているかのようなAIコミュニケーションの実現を目指したという。

関連URL

コワーキングカフェ「comfull(コンフル)」
ネッコス

関連記事

COLUMN 時世時節

  1. 2020-8-11

    Society5.0のキーワード①「RPA」「DX」「5G」

    Society5.0を支える第4次産業革命(AI・ロボット・ビッグデータ・IoT・DXなど先端技術)…

注目記事

  1. 2020-9-26

    RPAとAIの祭典「NTTDATA WinActorラウンジ2020」10月9日開催

    「WinActorラウンジ」は、これまでWinActorユーザーのみに限定開催され、例年2000名以…

ピックアップ記事

  1. Society5.0を支える第4次産業革命(AI・ロボット・ビッグデータ・IoT・DXなど先端技術)…
  2. 2020年7月20日。AI・ロボットニュースを正式にリリースしました。 なぜ今、Society5.…
  3. 河合塾と、AI型教材「Qubena(キュビナ)」を提供するCOMPASSは13日、英語の4技能を統合…

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

    ページ上部へ戻る