RPAテクノロジーズ、ドキュサイン導入で経理業務の作業工程を1/5に削減

RPAホールディングスの子会社で、RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)/Digital Labor(仮想知的労働者)のベーステクノロジーを提供するRPAテクノロジーズは27日、ドキュサイン・ジャパンが提供する「DocuSign eSignature」を2019年から導入し、自社経理業務の作業工程を1/5程度まで削減し、また、RPAツールBizRobo!との連携でさらなる業務の効率化を実現できる活用に着手したと発表した。

RPAテクノロジーズは、ドキュサインを自社RPA 製品の「BizRobo! mini」と新サービスの 「BizRobo! Paper-free」の申込書で利用している。以前は、Excelで作成した申込書を印刷し郵送したものを、顧客に押印してもらい、スキャン後PDFで申込書データを送り返してもらうフローがあり、さらにその後、顧客の情報を手入力し、アカウントを発行する工程だった。申込みからサービスの提供まで5営業日ほどの時間を要していた為、「BizRobo!」の導入を急ぐ顧客にとって、スムーズな導入が課題となっていたという。

ドキュサイン導入後は、顧客が申込みフォームに入力すると自動連携している kintone[A1] にデータが保存されると同時にドキュサインに転送、自動生成された申込書をメールで送信、顧客はオンライン上で押印することができる。

電子署名を使用することにより、紙業務から解放されペーパーフリーによる業務プロセス自動化されることにより、サービス提供まで最短1日まで短縮することができた。また、データの手入力が不要になったことから、打ち間違いなどのエラーも削減できたという。

今後、RPAテクノロジーズは、ドキュサインのユーザー兼製品販売パートナーとして紙業務への課題を感じているユーザーの業務プロセス改善のため活動を開始。その第1弾として、「電子署名×RPA」~リモートがさらに進化~ウェブセミナーを開催し、同社の社内活用事例を紹介する。

Webセミナー参加申込

関連URL

BizRobo
RPAテクノロジーズ

関連記事

注目記事

  1. 2024-5-10

    生成AI・ChatGPTが進化させるイベント情報メディア「EventNews」サービス開始

    bravesoftは9日、新たなAI技術を活用したイベント情報メディア「EventNews」のサービ…
  2. 2024-5-10

    テラドローン、九州電力送配電にAIを搭載したドローン自動鉄塔点検システムを導入

    Terra Drone(テラドローン)は8日、九州電力送配電に、AI によるがいし自動検出機能を搭載…
  3. 2024-5-10

    アイスマイリー、「AI博覧会 Summer 2024」を8月29日30日に開催

    AIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイスマイリーは、8月29日~8月30日に「AI博…
  4. 2024-5-8

    エファタ、「AI遺言書作成支援サービス」の無償提供を開始

    エファタは2日、法律的な要件を満たしたうえで、AIとの会話を通して遺言者の希望に沿った遺言書の下書き…
  5. 2024-5-8

    生成AIサービスの本格導入を計画している地方自治体は7割以上=イマクリエ調べ=

    イマクリエは、2024年2月から4月の3カ月間に、106の地方自治体に対して、生成AI活用状況のヒア…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る