ジェナ、八芳園がAIチャットボット「hitTO(ヒット)」を導入

社内向けAIチャットボット業界を牽引するジェナは30日、八芳園が、同社の総務部、情報システム、お客様対応におけるナレッジ共有において、AIチャットボットサービス「hitTO(ヒット)」を6月に導入したと発表した。

hitTOはユーザーが自然言語で質問ができる、AIと連携した法人向けのチャットボットサービス。管理画面やユーザー画面の使いやすさやデザイン性、コミュニケーションツールとの連携などが評価され、AIのビジネス活用を目的として多くの法人で採用されている。総務人事部が担当する社内の問い合わせ対応、情報システム部が担当するITヘルプデスク対応など、法人における幅広い業務の効率化を実現している。

ジェナでは人事・労務・総務部門のよくあるお悩み解決をサポートする、特設サイトをオープンした。ジェナでは、これまでの200以上の支援実績をもとにAIチャットボットを通じて、人事・労務・総務部門の業務効率化や従業員の働きやすい環境作りに貢献するとしている。

関連URL

人事・労務・総務部門向け特設サイト
hitTO

関連記事

注目記事

  1. 2020-8-11

    ジョリーグッド、医療業界初の全国7拠点の病院をVRで繋ぐセミナー27日開催

    ジョリーグッドは、国士舘大学防災救急救助総合研究所が8月27日に開催する「第23回日本臨床救急医学会…

ピックアップ記事

  1. Society5.0を支える第4次産業革命(AI・ロボット・ビッグデータ・IoT・DXなど先端技術)…
  2. 2020年7月20日。AI・ロボットニュースを正式にリリースしました。 なぜ今、Society5.…
  3. 河合塾と、AI型教材「Qubena(キュビナ)」を提供するCOMPASSは13日、英語の4技能を統合…

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

    ページ上部へ戻る