ネルプ、「ChatGPT×Instagram/LINE」のSNSチャットボットサービスβ版テスト開始

Instagramチャットボットツール「iステップ」開発元であるネルプは13日、新規事業プロダクト開発支援を提供するforwizと共に、SNS事業者向けチャットボットサービス「CharRotto(チャーロット)」β版(試用版)の限定20社提供を開始した。

CharRotto(チャーロット)は、ChatGPTの公式APIを利用したAIチャットボットサービスで、InstagramやLINE公式アカウント上で事業者ごとにカスタマイズされたAIが動作するチャットボットサービス。 CharRotto(チャーロット)で動作するチャットボットは、単なる自動応答だけでなく、ユーザーごとにパーソナライズされた自動コミュニケーションが実現できる。

ネルプは、2022年2月にInstagramを運営するMeta社のAPI使用の承認を受け、forwizの協力を得て、Instagramチャットボットツール「iステップ」のサービス提供を開始し、現在約1900Instagramアカウントに利用されている。

SNSはもはや友人同士のコミュニケーションツールの枠を超え、情報収集や共有ツールとして使われている。中でも、Instagramの国内ユーザー数は3300万人(2019年)を超えており、総務省情報通信政策研究所の調査(2021年度)でも全世代の48.5%がInstagramを利用しており、LINEに次ぐ利用率だという。特に20代は78.6%と最も高い利用率。また情報収集に利用したメディアとしても、「グルメ情報」「ショッピング」「旅行・観光情報」はテレビや専門情報サイトに次いでソーシャルメディアの割合が増えており、企業がSNSをビジネス活用するケースが増えいる。

科学技術が目まぐるしく発展していく現代社会において、ChatGPTを用いたSNS運用は今後ますます発展していくことが予想される。ネルプはInstagramチャットボットツール「iステップ」を通じて、Instagramの新しい未来を創造していきたいと考えており、今回ChatGPTの公式APIを利用したAIチャットボットサービスをInstagramやLINE公式アカウントで活用するこのサービスを開発するに至ったという。今回、β版(試用版)のテスト運用を開始し、2023年8月をめどに一般販売開始を予定している。

InstagramやLINEに導入が可能なAIチャットボット「CharRotto(チャーロット)」は、事業者とユーザー間のコミュニケーションを革新する。よりスムーズでパーソナライズされた対話を通じて、世界中のEC事業者が効率的にユーザーとの関係性を築き、新たな体験や価値が提供できるような未来を目指しているという。
モニター申し込みフォーム

Instagramで「CharRotto(チャーロット)」を体験
LINEで「CharRotto(チャーロット)」を体験

AIチャットボット「CharRotto(チャーロット)」
・Instagram版
・LINE版

関連URL

forwiz
ネルプ

関連記事

注目記事

  1. 2024-5-31

    リブ・コンサルティング、「生成AIアプリケーション カオスマップ2024」を公開

    リブ・コンサルティングは29日、急速に発展する生成AIビジネス市場で欧米において生成AIアプリケーシ…
  2. 2024-5-23

    そらかぜ、AIで天気と相談するコーデアプリ「そらコーデ」公開

    そらかぜと日本気象協会は22日、AIを活用した新しいアプリ「そらコーデ」をiOSおよびAndroid…
  3. 2024-5-23

    ネクストシステム、AIで人物のシンクロ度を評価 「VP-Sync」を販売開始

    ネクストシステムは20日、AIで読み取った骨格情報から、人物動作のシンクロ度を自動評価するAIシンク…
  4. 2024-5-23

    Gatebox、AI接客サービス「AIバイト」に最新の生成AI「GPT-4o」を採用

    Gateboxは22日、法人向けにChatGPT連携のAI接客サービス「AIバイト」をバージョンアッ…
  5. 2024-5-17

    ホープリヴス、生成AIでモデル撮影の時間とコストを大幅削減「アイファモ」をリリース

    ホープリヴスは14日、サービス展開しているAIキャスティで、アパレル業界の撮影プロセスを根本から変革…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る