AI導入・DX推進をデータサイエンティストチームに依頼できる「Nishikaワークス」開始

データ分析コンペティションプラットフォーム「Nishika(ニシカ)を運営するNishikaは26日、AI導入・DX推進をトップクラスのデータサイエンティストチームに依頼できるクラウド型AI開発サービス「Nishikaワークス」の提供を開始すると発表した。

同社のプロジェクトマネージャーとプロのデータサイエンティストからなる副業/フリーランス人材でチーム構築することで、企業はAI活用戦略からAIモデルの開発などをハイスキル人材に比較的安価で依頼できるようになるという。

現在、AI人材やデータ分析人材を始めとする、DXを推進していくためのデジタル人材の不足が問題になっている。昨年には経済産業省から、DXを推進していくためのデジタル人材が将来的に大幅に不足すると予測されたレポートが公開された。

企業のデータ活用、AI導入をはじめとしたデジタルトランスフォーメーションを推進するハイスキル人材は採用難易度が高まり、各社取り合いの様相を呈しているという。

Nishikaが運営するデータサイエンスコミュニティ”Nishika”には約3000名のAI・データ分析人材が登録している。

「Nishikaワークス」はNishikaプラットフォームと連携し、転職マーケットに流れにくい正社員人材を副業という形で活用することで、企業のDX推進を安価かつ高品質にサポートするクラウド型DX支援サービス。クラウド型で柔軟な開発体制を提供することにより、デジタル人材の不足という社会課題の解決を目指すという。

「Nishikaワークス」では、Nishikaのプロジェクトマネージャーが事前のコンサルティングを行い、課題抽出・要件定義・タスク設定・ゴール設定などを実施し、適切な副業人材をNishikaプラットフォームからチームアップする。

Nishikaがプロジェクトマネージャーとして全体工程を管理しながら、クライアント企業のデータ解析やAIモデル開発などのDX推進を支援。

Nishikaユーザーにとっては、データサイエンティストとしての専門スキルを活かして、副業やフリーランスとして他社の様々な案件に参加できるようになる。NishikaはNishikaワークスを通じて、ユーザーが時間や場所の制約にとらわれずにライフスタイルに合わせて柔軟な働き方を実現することや、ユーザーの自由なキャリア形成に貢献したいといしている。

関連URL

問い合わせフォーム

「Nishika(ニシカ)」

関連記事

注目記事

  1. 2024-3-1

    鹿島、画像AIを用いて技能者の人数と作業時間を自動で把握するシステムを開発

    鹿島は2月29日、画像AIと独自の解析アルゴリズムを用いて、指定した作業エリア内における技能者の人数…
  2. 2024-3-1

    ユニフィニティー、AIおまかせ設定でモバイルアプリを自動生成する新機能を無料提供

    ユニフィニティーは2月29日、ノーコード・業務用モバイルアプリ作成の無料ツール「Unifinity …
  3. 2024-2-23

    オルツ、2030年までにAIクローン5000万人創出を目指し現行業務のAI移行を加速

    P.A.I.(パーソナル人工知能)をはじめ、AIクローン技術でつくり出すパーソナルAIの開発および実…
  4. 2024-2-23

    ジョリーグッド、医療DXの二大課題を解決する「ひらけ、医療。」VR活用推進キャンペーン

    ジョリーグッドは、「ひらけ、医療。」プロジェクトの一環として、医療DXにおける二大課題を解決する「ひ…
  5. 2024-2-23

    産業用AIロボット研究開発のCoLab、独自の自律制御ロボット製品「AI Servo Robot System」リリース

    過酷な単純作業を自動化しサプライチェーンの変革を目指し、産業用AIロボットの開発・販売を行うCoLa…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る