AI技術搭載の顔認証開発キット「SDK」で実現する安全で便利な宅配ロッカーシステム

FUJIは14日、同社が展開する宅配ロッカーシステム「Quist(クイスト)」に、日本コンピュータビジョン(JCV)が提供するJCV顔認証ソフトウェア開発キット(JCV顔認証「SDK」)を実装したと発表した。この宅配ロッカーシステムの開発により、一般ユーザーにとってより便利、高セキュリティに顔認証での荷物受け取りが実現するという。

リテール業界で急速に広がるBOPIS(Buy Online Pick-up In Store)。QuistはこれまでQRコードを活用した「非対面、非接触」の商品や荷物の受け渡しサービスを提供してきた。IoTを駆使した同ロッカーシステムは、導入先の「自動化、省人化」にも貢献している。

今回、JCV顔認証「SDK」をQuistに利用することで、QRコード認証に加えて顔認証での鍵解除が可能となった。例えば、ユーザーがスマートフォンを忘れた際にも確実に荷物の受け取りが可能となる。顔データ登録を一度行うことですぐに使用開始することができ、QRコードの検索・表示という手間すら省くことができるようになる。「顔パス」での荷物受け取りが可能になることで、これまで以上にユーザーと導入事業者の安全性(非対面、非接触)と利便性(QRコード不要、自動・省人化)の向上が期待できる。

JCV顔認証「SDK」はQuistのような既存製品・システムに追加機能として実装をし、新製品開発に利用できる。AI技術を搭載したJCV顔認証「SDK」は、99%以上の認識精度、生体検知(なりすまし防止)、マスク検知(マスクを着用している顔を検知)等、正確性、セキュリティ面で力を発揮する。

SDKの顔認証は宅配ロッカー以外にも、荷物の一時預けロッカーや、事業会社での本人確認システム強化、カードやキー(鍵)無しのホテルや自宅の入退室にも応用が可能だという。

関連URL

「Quist」

JCV顔認証「SDK」

FUJI

関連記事

注目記事

  1. 2024-3-1

    鹿島、画像AIを用いて技能者の人数と作業時間を自動で把握するシステムを開発

    鹿島は2月29日、画像AIと独自の解析アルゴリズムを用いて、指定した作業エリア内における技能者の人数…
  2. 2024-3-1

    ユニフィニティー、AIおまかせ設定でモバイルアプリを自動生成する新機能を無料提供

    ユニフィニティーは2月29日、ノーコード・業務用モバイルアプリ作成の無料ツール「Unifinity …
  3. 2024-2-23

    オルツ、2030年までにAIクローン5000万人創出を目指し現行業務のAI移行を加速

    P.A.I.(パーソナル人工知能)をはじめ、AIクローン技術でつくり出すパーソナルAIの開発および実…
  4. 2024-2-23

    ジョリーグッド、医療DXの二大課題を解決する「ひらけ、医療。」VR活用推進キャンペーン

    ジョリーグッドは、「ひらけ、医療。」プロジェクトの一環として、医療DXにおける二大課題を解決する「ひ…
  5. 2024-2-23

    産業用AIロボット研究開発のCoLab、独自の自律制御ロボット製品「AI Servo Robot System」リリース

    過酷な単純作業を自動化しサプライチェーンの変革を目指し、産業用AIロボットの開発・販売を行うCoLa…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る