Kenneth Research、予測2020-2027年「世界の配送ロボット市場」

Kenneth Researchは12日、調査レポート「世界の配送ロボット市場:世界的な需要の分析及び機会展望2027年」を発刊した。これは、2020〜2027年の予測期間中に、市場の詳細な分析とともに、業界の詳細な洞察を提供するもの。

レポートは、市場規模と決定に基づいてさまざまなパラメーターについて説明する。これらには、市場価値、年間成長、セグメント、成長ドライバーと課題、および市場における主要企業などが含まれる。

配送ロボットは、商品の配送に使用される自律型ロボットの一種。自律型ロボットの登場は、安価で効率的な配送方法を提供するため、配送システム市場に革命をもたらした。市場の成長は、主に手頃な価格と増加するさまざまなインフラストラクチャライトロボットの投資収益率によって促進される。さらに、これらのロボットの重量挙げ能力とラストマイル配送の需要の増加は、予測期間中の市場の成長を増大させるとさらに予想される。2019年11月、MIT、米国はラストマイル配送ロボットを開発した。ロボットは、統合された最新のナビゲーションシステムを備えている。さらに、世界のさまざまな地域でのオンラインショッピングの増加傾向は、配信システムの需要をエスカレートさせている。

世界の配送ロボット市場は、北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東、アフリカなど地域によって分割されている。北米では、テクノロジーの採用が拡大し、この地域でのラストマイル配送の需要が高まっているため、市場シェアの点で世界で最も重要な地域。一方、アジア太平洋地域は2020〜2027年の予測期間で最高の成長率/ CAGRを示すと予想されている。オーストラリアや日本などのAPACの国は現在、配送ロボットのテストに関与している。2019年の第2四半期末までに、これらの国々は独自に開発した配送ロボットを商品化すると予測される。

APACの市場の成長は、配送ロボットが高効率かつ低コストで配送サービスを提供する可能性についての認識の高まりによって促進される可能性がある。これとは別に、Amazon、Walmart、Alibabaなどのeコマースジャイアントがこの地域に存在することで、APACの配送ロボット市場のプレーヤーに成長の機会がもたらされる。

世界の配送ロボット市場における業界のリーダーは、Starship Technologies、Jd.Com (Jingdong)、Panasonic System Solutions Asia Pacific、Savioke、Nuro、Amazon Robotics、Robby Technologies、Boston Dynamics、Robomart、Eliportなど。これらの各主要企業のプロファイルは、会社の財務、収益、収益と分析、バリューチェーン分析、その他のパラメーターを提供する。さらに、レポートは、主要なプレーヤーの収益、企業が提供する製品、およびいくつかの主要な財務指標に関する計算分析を提供する。また、企業の本社、設立年、従業員の総数、企業の概要、企業が取った事業戦略など、その他のいくつかの支援情報も市場のレポートに含まれている。

関連URL

レポートのサンプル
調査レポートの詳細

関連記事

COLUMN 時世時節

  1. 2020-11-9

    Society 5.0的 タイムトラベル考察

    過去や未来へのタイムトラベルは、多くの人にとって「夢の旅行」だろう。そのタイムトラベルとの出会いは人…

注目記事

  1. 2021-1-21

    「音声によるマイクロ・ロボットタクシー Mopiの呼び出し」の社会実験を実施

    PerceptIn Japan(パーセプティン)は21日、マクニカおよびコトバデザインと共同で、平城…

ピックアップ記事

  1. 過去や未来へのタイムトラベルは、多くの人にとって「夢の旅行」だろう。そのタイムトラベルとの出会いは人…

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

    ページ上部へ戻る