AIポータルメディア「AIsmiley」、音声認識AIカオスマップ2020を公開

人工知能を搭載したサービスの資料請求ができるAIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイスマイリーは19日、音声認識AIの製品、サービスをまとめた「音声認識AIカオスマップ2020」を公開した。掲載数は合計67サービス。

音声認識AIとは人工知能が人の声を認識して文字データ化したり、話者の感情や声の特徴を読み取ったり、より高い精度の音声検索を実現する技術の総称。人力では時間と労力がかかる議事録の文字起こしや、コンタクトセンターでのオペレーションを音声認識AIが代行する。また、近年では音声による作業指示によって、工場での検品やメンテナンスをハンズフリーで実現したり、異音を検知することで危機を察知したり、声紋認証などのセキュリティ面でも対応の幅を広げている。

今回は、上記の技術をもった音声認識AIを大きく「業務効率化」、「感情認識・解析」、「異常検知」の3つに分類し、コールセンターを筆頭とした業務におけるオペレーションのサポートを可能とするサービスを紹介している。

音声を認識するサービスとして、近年ではAmazonが販売しているAlexa搭載のAmazon EchoやGoogleの音声検索などが有名だが、音声認識技術を活用して業務効率化を図るサービスを開発する企業も多く存在している。会議などの音声を自動的にテキスト化し議事録を作成するサービスや人間の声に限りなく寄せて文章を読み上げるなど、個人の利用にとどまらず、企業が様々な分野で音声認識AIを業務に活用している。

今回の音声認識AIカオスマップでは、67のサービス、ツールをマッピングしたもので、「音声認識AIを探したい」という人に向けAIsmileyが独自の主眼で作成したもの。

関連URL

カオスマップ請求・問い合わせフォーム
音声認識AIのサービス比較と企業一覧
アイスマイリー

関連記事

COLUMN 時世時節

  1. 2020-8-11

    Society5.0のキーワード①「RPA」「DX」「5G」

    Society5.0を支える第4次産業革命(AI・ロボット・ビッグデータ・IoT・DXなど先端技術)…

注目記事

  1. 2020-9-26

    RPAとAIの祭典「NTTDATA WinActorラウンジ2020」10月9日開催

    「WinActorラウンジ」は、これまでWinActorユーザーのみに限定開催され、例年2000名以…

ピックアップ記事

  1. Society5.0を支える第4次産業革命(AI・ロボット・ビッグデータ・IoT・DXなど先端技術)…
  2. 2020年7月20日。AI・ロボットニュースを正式にリリースしました。 なぜ今、Society5.…
  3. 河合塾と、AI型教材「Qubena(キュビナ)」を提供するCOMPASSは13日、英語の4技能を統合…

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

    ページ上部へ戻る