SBI証券、AI搭載のWEB接客ツール導入による新しいFAQサイト提供開始

SBI証券は24日、カラクリが提供する「KARAKURI smartFAQ」を導入し、新しいFAQサイトの提供を25日から開始すると発表した。

同社は、2018年12月にカラクリが提供するチャットボット「KARAKURI chatbot」を導入し、「顧客満足度向上」、「営業時間外対応」、「有人対応率の低減」を実現した。今回、ユーザーのさらなる利便性向上を目的として、AIでFAQサイトを自動生成・管理できるツール「KARAKURI smartFAQ」を導入する。

新しく提供を開始するFAQサイトでは、最先端の自然言語処理AIにより、従来は対応ができなかった曖昧なキーワードや自然文での問いかけに対しても、精度の高い検索結果を表示することが可能となる。また、チャットボットとFAQサイトをシステム上で一元管理できるため、チャットボットに寄せられた質問やアンケート結果をもとに、より迅速かつ的確にFAQサイトの内容を更新することが可能。

さらに、現在一部のページに限定して設置されているチャットボットは、今後、設置箇所を主要なページに拡大し、「お客さまの閲覧ページに合わせたメッセージの出し分け」を行う機能を追加する。

そのほかにも、「サジェスト機能が搭載された問い合わせフォーム」等の新たな機能を順次追加し、ユーザーの疑問をWeb上で速やかに解決できるようにするなど、Web接客のさらなる高度化を図っていくという。

関連URL

カラクリ 
SBI証券 

関連記事

COLUMN 時世時節

  1. 2020-8-11

    Society5.0のキーワード①「RPA」「DX」「5G」

    Society5.0を支える第4次産業革命(AI・ロボット・ビッグデータ・IoT・DXなど先端技術)…

注目記事

  1. 2020-9-29

    医療教育オペクラウドVRが東京都スタートアップ実証実験促進事業に採択

    ジョリーグッドは29日、自社で展開している医療教育プラットフォーム「オペクラウドVR」の実証事業が、…

ピックアップ記事

  1. Society5.0を支える第4次産業革命(AI・ロボット・ビッグデータ・IoT・DXなど先端技術)…
  2. 2020年7月20日。AI・ロボットニュースを正式にリリースしました。 なぜ今、Society5.…
  3. 河合塾と、AI型教材「Qubena(キュビナ)」を提供するCOMPASSは13日、英語の4技能を統合…

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

    ページ上部へ戻る