SBI証券、AI搭載のWEB接客ツール導入による新しいFAQサイト提供開始

SBI証券は24日、カラクリが提供する「KARAKURI smartFAQ」を導入し、新しいFAQサイトの提供を25日から開始すると発表した。

同社は、2018年12月にカラクリが提供するチャットボット「KARAKURI chatbot」を導入し、「顧客満足度向上」、「営業時間外対応」、「有人対応率の低減」を実現した。今回、ユーザーのさらなる利便性向上を目的として、AIでFAQサイトを自動生成・管理できるツール「KARAKURI smartFAQ」を導入する。

新しく提供を開始するFAQサイトでは、最先端の自然言語処理AIにより、従来は対応ができなかった曖昧なキーワードや自然文での問いかけに対しても、精度の高い検索結果を表示することが可能となる。また、チャットボットとFAQサイトをシステム上で一元管理できるため、チャットボットに寄せられた質問やアンケート結果をもとに、より迅速かつ的確にFAQサイトの内容を更新することが可能。

さらに、現在一部のページに限定して設置されているチャットボットは、今後、設置箇所を主要なページに拡大し、「お客さまの閲覧ページに合わせたメッセージの出し分け」を行う機能を追加する。

そのほかにも、「サジェスト機能が搭載された問い合わせフォーム」等の新たな機能を順次追加し、ユーザーの疑問をWeb上で速やかに解決できるようにするなど、Web接客のさらなる高度化を図っていくという。

関連URL

カラクリ 
SBI証券 

関連記事

注目記事

  1. 2021-6-15

    AIポータルメディア「AIsmiley」、AI活用したサプライチェーン最適化カオスマップ公開

    人工知能を搭載したサービスの資料請求ができるAIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイス…
  2. 2021-6-14

    名古屋市、「AI・IoT人材BOOSTプログラム」2コースの参加者募集開始

    名古屋市は14日、イノベーションの担い手を創出するため、起業や新規事業の開発を目指す人材を育成するプ…
  3. 2021-6-10

    オルツ、「AI GIJIROKU」がiPhoneとAndroidに対応

    デジタルクローン、P.A.I.(パーソナル人工知能)を開発するオルツは10日、同社の「AI GIJI…
  4. 2021-6-8

    「AI受診相談ユビー」、サービス開始1年で月間利用者数100万人を突破

    Ubieは8日、同社が提供する、生活者向けWeb医療情報提供サービス「AI受診相談ユビー」が、サービ…
  5. 2021-6-7

    エルピクセル、医用画像解析ソフトウェア「EIRL Brain Aneurysm」脳動脈瘤候補点の検出精度が向上

    エルピクセルは4日、医用画像解析ソフトウェアEIRL Brain Aneurysmについて、脳動脈瘤…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る