メタバーズ、VR空間活用サービス「CYZY SPACE」のプレビュー版を提供開始

メタバーズは7日、VRヘッドセットだけでなくPCやタブレット端末、スマートフォンのブラウザからだれでも参加できるVR空間を活用して、イベントや展示会、発表会の実施や店舗の運営などが可能な独自開発のサービス「CYZY SPACE(サイジー・スペース)」プレビュー版の提供を開始した。2020年12月31日までの期間限定で無料利用できる。

「CYZY SPACE(サイジー・スペース)」は、次のような優位性や魅力、メリットがあるサービス。
1.VRヘッドセットのほか、PC、タブレット端末、スマートフォンなどのブラウザを使ってだれでも最大25人が同時接続(参加)できるVR空間の活用が可能。
2.登録とスペース構築だけの簡単な手続きで、企業・団体・店舗運営事業者などがイベント、展示会、発表会の実施、店舗運営ほかが可能。
3.VR空間の同時接続(参加)者と音声やビデオ、画面共有などのコミュニケーションが可能。
VR空間でのイベント、展示会、発表会、店舗を訪れたユーザーとの音声による会話、ビデオ通話による会話、画面共有による会話、チャット(文字による会話)、アバターを使ったコミュニケーション、動画配信、ブラウザ画面共有など多彩なコミュニケーションが可能。
4.2020年12月31日24時までの期間限定で、最大約25人が同時接続(参加)できるVR空間を2ルームまで自由にアレンジして活用可能
2021年1月以降は、月額1万円(税別)〜で利用可能なプランのほか、カスタマイズ、多彩な3Dコンテンツ作成、ライブ動画配信、チャットボットやアバター配置、案内システムやアンケート、問い合わせ受け付けシステム設置などのオプションを開発し提供していく予定。

「CYZY SPACE」は、京都府・京都産業21の「新型コロナウイルス感染症対策技術結集補助金(令和2年度補正予算)」を活用して開発された。

関連URL

内容紹介・問い合わせおよび利用申し込み 
メタバーズ

関連記事

注目記事

  1. 2024-5-10

    生成AI・ChatGPTが進化させるイベント情報メディア「EventNews」サービス開始

    bravesoftは9日、新たなAI技術を活用したイベント情報メディア「EventNews」のサービ…
  2. 2024-5-10

    テラドローン、九州電力送配電にAIを搭載したドローン自動鉄塔点検システムを導入

    Terra Drone(テラドローン)は8日、九州電力送配電に、AI によるがいし自動検出機能を搭載…
  3. 2024-5-10

    アイスマイリー、「AI博覧会 Summer 2024」を8月29日30日に開催

    AIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイスマイリーは、8月29日~8月30日に「AI博…
  4. 2024-5-8

    エファタ、「AI遺言書作成支援サービス」の無償提供を開始

    エファタは2日、法律的な要件を満たしたうえで、AIとの会話を通して遺言者の希望に沿った遺言書の下書き…
  5. 2024-5-8

    生成AIサービスの本格導入を計画している地方自治体は7割以上=イマクリエ調べ=

    イマクリエは、2024年2月から4月の3カ月間に、106の地方自治体に対して、生成AI活用状況のヒア…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る