AI inside のAI-OCRと東芝テックの複合機が連携

AI insideは23日、東芝テックとパートナー契約を締結したと発表した。

これにより、東芝複合機「e-STUDIOシリーズ」に、AI inside が開発するAI-OCR「DX Suite」へ直接スキャンデータをアップロードする連携アプリケーションが10月1日から加わり、帳票の電子化から文字の読取りまで一連の業務自動化を実現する。

「DX Suite」と「e-STUDIOシリーズ」の連携アプリケーションにより、帳票の電子化からAI-OCR処理を行うまでの一連の業務を、複合機のタッチパネル操作だけで実行することができる。通常であれば、複合機で帳票の電子化をした後に、DX Suite の画面上から電子化した帳票をアップロードする必要があったところ、複合機から帳票のアップロードを可能とすることでデータ入力業務だけでなく、帳票電子化業務から一連のプロセスの効率化を実現するという。

DX Suite は、AI inside 独自開発の”文字認識AI”を搭載したAI-OCRサービス。従来のOCRでは読み取りが困難とされた手書き文字を高精度で読み取り、これまで人が手入力で行っていたデータ化業務を自動化することができる。2020年6月末時点で5800契約以上の導入実績があるという。

関連URL

東芝テック
AI inside

関連記事

COLUMN 時世時節

  1. 2020-8-11

    Society5.0のキーワード①「RPA」「DX」「5G」

    Society5.0を支える第4次産業革命(AI・ロボット・ビッグデータ・IoT・DXなど先端技術)…

注目記事

  1. 2020-10-20

    農業×AIで独自の栽培方法を確立し農家支援を行うHappy Qualityが資金調達

    農業×AIにより高品質・高機能な農産物を一年中安定的に栽培する方法を確立し、農業支援および青果卸売業…

ピックアップ記事

  1. Society5.0を支える第4次産業革命(AI・ロボット・ビッグデータ・IoT・DXなど先端技術)…
  2. 2020年7月20日。AI・ロボットニュースを正式にリリースしました。 なぜ今、Society5.…
  3. 河合塾と、AI型教材「Qubena(キュビナ)」を提供するCOMPASSは13日、英語の4技能を統合…

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

    ページ上部へ戻る