アトラックラボと銀座農園、農業用ロボット開発で技術提携

アトラックラボは2日、銀座農園と技術提携し、農業用ロボットの開発、販売を開始すると発表した。

銀座農園は、「テクノロジーで農業の未来を豊かにする」というビジョンを掲げ、イノベーションとテクノロジーでスマート農業を推進している。農業用地上ロボット「FARBOT」は様々なプロジェクトで採用されており、NTT東日本グループとのローカル5Gロボットとして、四国電力とのスマート農業ロボットのベースとしても活用が広がっている。

アトラックラボでは、「FARBOT」のベースとなる汎用無人車両を開発しており、今回の技術提携により、より農業に特化したロボットの開発を推進するという。

関連URL

アトラックラボ 

関連記事

COLUMN 時世時節

  1. 2020-11-9

    Society 5.0的 タイムトラベル考察

    過去や未来へのタイムトラベルは、多くの人にとって「夢の旅行」だろう。そのタイムトラベルとの出会いは人…

注目記事

  1. 2021-1-21

    「音声によるマイクロ・ロボットタクシー Mopiの呼び出し」の社会実験を実施

    PerceptIn Japan(パーセプティン)は21日、マクニカおよびコトバデザインと共同で、平城…

ピックアップ記事

  1. 過去や未来へのタイムトラベルは、多くの人にとって「夢の旅行」だろう。そのタイムトラベルとの出会いは人…

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

    ページ上部へ戻る