宇宙ミュージアムTeNQ、AI案内ロボット展示物解説サービス開始に向け試験導入

東京ドームシティの黄色いビルにある宇宙ミュージアムTeNQ(テンキュー)では、サービスロボットのローカライズとグロース支援を行うIGP ROBOTICSと連携し、10月1日からAI案内ロボットを活用したガイドツアーサービスの開始に向けて、24日から試験導入を行う。

本サービスは、AI案内ロボットがTeNQ館内のサイエンスエリア内を移動しながら、展示物を音声で解説する。東京大学大学院(TeNQリサーチセンター長)宮本英昭教授監修による展示解説のほか、クイズやロボットとの写真撮影など、宇宙や展示内容についてよりわかりやすく楽しみながら理解することができるという。

また、AI案内ロボット導入にあたり、TeNQの公式Twitterでは、いくつかの名前候補の中から気に入った名前に投票する「ロボット名前投票」も実施する。

 「ロボットによるサイエンスガイドツアー」概要
サービス開始日:2021年10月1日(金)
時 間:平日11:00~18:00、土日祝・特定日10:00~18:00
場 所:宇宙ミュージアムTeNQ サイエンスエリア
料 金:300円(専用ヘッドホンのレンタル付き) ※入館料は別途必要
販売場所:TeNQチケットカウンター ※販売は16:30まで

ロボットの名前を決めよう!
TeNQ公式Twitterにて、9月22日からロボットの名前候補を発表する。Twitterアカウントのある人は、気に入った名前に投票する。投票の結果、最も得票数の多い名前に決定する。
募集期間:9月22日(水)~9月29日(水)
投票方法:TeNQ公式Twitterにて、ロボットの名前候補をいくつかツイートします。気に入った名前に投票してください。
結果発表:決まり次第発表します。

関連URL

TeNQ
東京ドームシティ

関連記事

注目記事

  1. 2021-10-25

    東京ロボティクス、小・中規模の物流施設向けロボット「モバイルグリッパ」を開発

    人間共存ロボットの実現を目指す東京ロボティクスは23日、モバイルグリッパ(自走式パレタイズロボット)…
  2. 2021-10-21

    RADIUS5、漫画用の背景を生成するAI「Line Drawer」を大幅アップデート

    ラディウス・ファイブ(RADIUS5)は21日、Deep Learningを用いて漫画用の美術背景を…
  3. 2021-10-19

    Sapeet、AI姿勢分析の「シセイカルテ」が動画の分析に対応

    PKSHA Technologyの子会社で、3DアルゴリズムとAI身体分析テクノロジーを強みとするS…
  4. 2021-10-15

    TRUST SMITH、ロボットが物体を掴む上で最適な位置を検出するアルゴリズムを実用化

    最先端のAI・ロボティクスの技術を活用したソリューション提供を行うTRUST SMITHは15日、ロ…
  5. 2021-10-14

    QX PJ、量子コンピュータで空飛ぶクルマの交通制御の性能向上を実現

    量子コンピュータの力で社会を変革することを目指すQuantum Transformation Pro…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る