イクシス、AI水質監視サービスをリリース

イクシスは20日、AI水質監視サービスをリリースしました。

これまでの水質監視(油膜の監視)は、人による目視が基本であり、完全性や生産性の点で課題を持っていた。この課題に対し、IoTカメラで撮影した画像を、イクシスが強みを持つインフラ向けAIで解析することで、常時監視を自動化し、完全性や生産性を向上させた。

イクシスは、AIを用いた画像検査技術を有しており、これまでにインフラ建設・維持管理の分野で目視検査の自動化に取り組んできた。近年、工場施設等の環境保全のニーズが増していることから、水質監視に特化したサービスの開発を行い、一般事業者に向けて提供を開始した。このサービスでは、定点カメラ(イクシス社「GENBA-Monitor」)を置くことで水質の異常(浮遊物や泡の発生、色味の変化など)をリアルタイムに検知することを目指しており、2023年7月時点で水面に浮遊する油膜検知の実用化に成功している。

■ 本サービスの特徴
・定期的な水質判定を自動化 ~人件費・管理コストの削減~
一般河川や、定期的な水質判定が必要な施設等で、定点カメラからほぼリアルタイムの水質判定を行い、現場の負担を軽減する。異常検知時には、登録したメール宛てに通知を行い、速やかな状況把握に役立てることができる。
・屋外環境でも使用可能 ~天候の変化に強いAI~
水面の状況は、季節や時刻により刻々と状況が変化する。イクシスのインフラ向けAIは、このような屋外の状況変化にも対応し、水質異常(油膜検知)だけを検知できるものとして開発された。新規に設置する現場でも、短期間の学習で対応可能。
・設置、導入が手軽 ~インフラ業界で実績のあるIoTカメラを使用~
水質監視システムの導入には、現場にカメラを設置するだけ。カメラは、イクシスが長年インフラ業界向けに提供しており、既に定評のあるGENBA-Monitorを使用する。単管のみで設置ができ、電源もAC100V電源だけでなく、ソーラーでの給電も可能。GENBA-Monitorからサーバーに定期的に送られてくる画像でAI解析を行うので、現場へのサーバー設置は不要。

関連URL

イクシス

関連記事

注目記事

  1. 2024-6-10

    アイスマイリー、認識系から生成系までAI活用の最前線ウェビナー28日開催

    AIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイスマイリーは、ビジネス現場向け最新AIウェビナ…
  2. 2024-5-31

    リブ・コンサルティング、「生成AIアプリケーション カオスマップ2024」を公開

    リブ・コンサルティングは29日、急速に発展する生成AIビジネス市場で欧米において生成AIアプリケーシ…
  3. 2024-5-23

    そらかぜ、AIで天気と相談するコーデアプリ「そらコーデ」公開

    そらかぜと日本気象協会は22日、AIを活用した新しいアプリ「そらコーデ」をiOSおよびAndroid…
  4. 2024-5-23

    ネクストシステム、AIで人物のシンクロ度を評価 「VP-Sync」を販売開始

    ネクストシステムは20日、AIで読み取った骨格情報から、人物動作のシンクロ度を自動評価するAIシンク…
  5. 2024-5-23

    Gatebox、AI接客サービス「AIバイト」に最新の生成AI「GPT-4o」を採用

    Gateboxは22日、法人向けにChatGPT連携のAI接客サービス「AIバイト」をバージョンアッ…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る