アドバンスト・メディア、音声認識市場シェアで6年連続1位を獲得

アドバンスト・メディアは6日、アイ・ティ・アール(ITR)の発行する市場調査レポート「ITR Market View : AI市場2020」において、音声認識市場ベンダー別売上金額シェア1位を 6年連続で獲得したと発表した。

アドバンスト・メディアでは、1997年の創業から、音声認識技術AmiVoiceをコアとした、各種ソリューション・ソフトウェアを開発し、日本の音声認識市場を創造してきた。医療、コンタクトセンター、会議録、製造・物流、モバイル、建設・不動産、教育など、多数の領域特化型の音声認識エンジンを保有しており、幅広い業種・業界にて豊富な導入実績と活用ノウハウを有している。

これらの要因を背景に、音声認識市場シェア6年連続1位を獲得した。加えて4年連続で、医療文書向け、コンタクトセンター向け、会議議事録向け、の音声認識市場でもシェアNo.1となったという。

関連URL

アドバンスト・メディア

関連記事

COLUMN 時世時節

  1. 2020-11-9

    Society 5.0的 タイムトラベル考察

    過去や未来へのタイムトラベルは、多くの人にとって「夢の旅行」だろう。そのタイムトラベルとの出会いは人…

注目記事

  1. 2021-1-21

    「音声によるマイクロ・ロボットタクシー Mopiの呼び出し」の社会実験を実施

    PerceptIn Japan(パーセプティン)は21日、マクニカおよびコトバデザインと共同で、平城…

ピックアップ記事

  1. 過去や未来へのタイムトラベルは、多くの人にとって「夢の旅行」だろう。そのタイムトラベルとの出会いは人…

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

    ページ上部へ戻る