AI通訳機「ポケトーク」、越谷市商店会連合会で52台採用

ソースネクストは6日、同社のAI通訳機「POCKETALK(ポケトーク) W」計52台が、埼玉・越谷市商店会連合会の接客ツールとして利用されると発表した。

本製品は、61言語を音声とテキストに、21言語をテキストのみに翻訳し、互いに相手の言葉を話せない人同士のスムーズなコミュニケーションを可能にする。

埼玉県越谷市の在住外国人は7154名(総人口の約2.07%、市民の約48人に1人。越谷市調べ、2020年12月1日時点)となり、越谷市商店会連合会では在住外国人に安心して買い物をしてもらうため、本製品を導入したという。また埼玉スタジアムへ向かうバスが発着するエリアに位置するため、来訪者の多言語対応が必要なときにも、本製品を利用して案内する。

関連URL

越谷市商店会連合会
POCKETALK(ポケトーク) 

関連記事

注目記事

  1. 2021-9-22

    宇宙ミュージアムTeNQ、AI案内ロボット展示物解説サービス開始に向け試験導入

    東京ドームシティの黄色いビルにある宇宙ミュージアムTeNQ(テンキュー)では、サービスロボットのロー…
  2. 2021-9-21

    XNOVA、クラウドファンディングで「AI絵画×NFT」プロジェクト始動

    AIやブロックチェーンなど最新のテクノロジーをテーマに製品開発やクラウドファンディングの企画・運営を…
  3. 2021-9-17

    ヒトとロボットが共生するライフスタイルの発信拠点「PARK+」渋谷にオープン

    “パートナーロボットと暮らすライフスタイルを当たり前の世の中に”という想いのもと、ヒトとロボットが共…
  4. 2021-9-16

    大和書房、ロボットデザイナー・松井龍哉氏 初の単著発売

    大和書房は、『優しいロボット』(松井龍哉 著)を18日に発売する。 著者の松井龍哉氏は世界のロ…
  5. 2021-9-15

    SkyDrive、大阪府・大阪市と「空飛ぶクルマ」実現に向けた連携協定を締結

    「空飛ぶクルマ」および「物流ドローン」を開発するSkyDriveは15日、大阪府及び大阪市と、大阪で…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る