AI通訳機「ポケトーク」、越谷市商店会連合会で52台採用

ソースネクストは6日、同社のAI通訳機「POCKETALK(ポケトーク) W」計52台が、埼玉・越谷市商店会連合会の接客ツールとして利用されると発表した。

本製品は、61言語を音声とテキストに、21言語をテキストのみに翻訳し、互いに相手の言葉を話せない人同士のスムーズなコミュニケーションを可能にする。

埼玉県越谷市の在住外国人は7154名(総人口の約2.07%、市民の約48人に1人。越谷市調べ、2020年12月1日時点)となり、越谷市商店会連合会では在住外国人に安心して買い物をしてもらうため、本製品を導入したという。また埼玉スタジアムへ向かうバスが発着するエリアに位置するため、来訪者の多言語対応が必要なときにも、本製品を利用して案内する。

関連URL

越谷市商店会連合会
POCKETALK(ポケトーク) 

関連記事

注目記事

  1. 2021-6-15

    AIポータルメディア「AIsmiley」、AI活用したサプライチェーン最適化カオスマップ公開

    人工知能を搭載したサービスの資料請求ができるAIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイス…
  2. 2021-6-14

    名古屋市、「AI・IoT人材BOOSTプログラム」2コースの参加者募集開始

    名古屋市は14日、イノベーションの担い手を創出するため、起業や新規事業の開発を目指す人材を育成するプ…
  3. 2021-6-10

    オルツ、「AI GIJIROKU」がiPhoneとAndroidに対応

    デジタルクローン、P.A.I.(パーソナル人工知能)を開発するオルツは10日、同社の「AI GIJI…
  4. 2021-6-8

    「AI受診相談ユビー」、サービス開始1年で月間利用者数100万人を突破

    Ubieは8日、同社が提供する、生活者向けWeb医療情報提供サービス「AI受診相談ユビー」が、サービ…
  5. 2021-6-7

    エルピクセル、医用画像解析ソフトウェア「EIRL Brain Aneurysm」脳動脈瘤候補点の検出精度が向上

    エルピクセルは4日、医用画像解析ソフトウェアEIRL Brain Aneurysmについて、脳動脈瘤…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る