エッジデバイスにも対応可能な産業用コンピューター PS6000シリーズを発売

エネルギーマネジメントおよびオートメーションにおけるデジタルトランスフォーメーション(DX)のリーダーであるシュナイダーエレクトリックは6日、プログラマブル表示器のリーディングブランド「Pro-face by Schneider Electric」(Pro-face)の新しい産業用コンピューターシリーズ「PS6000シリーズ」を8日に発売すると発表した。

あらゆる業界でDX(デジタルトランスフォーメーション)推進のパラダイムシフトが起こった2020年、製造現場でもこれまで以上にIoT・リモート監視のためのデジタル化の必要性が高まった。今回発売する「PS6000シリーズ」は、まさにこうした製造現場のDX強化に貢献するべく、HMI用途とエッジデバイス、どちらの環境構築にも最適な機能・性能を備えた産業用コンピューター。

Intel 第8世代のハイパフォーマンスCPUなど業界最高レベルのスペックが実現するハイレベルなコンピューティングと、産業オートメーション用ソフトウェアのトップブランドであるAVEVA(アヴィバ)社のソフトウェアや、シュナイダーエレクトリックのEcoStruxureTMソフトウェアとの高い親和性を備えることで、エッジに求められるデータ処理から、大中規模SCADAシステム用のライン制御監視まで、幅広い用途に対応する。

またPro-faceブランドとして実績のあるHMIソフトウェアとの組み合わせにより、生産現場内の200種類以上の様々な制御機器と簡単に接続できるドライバーを持ち、さらに高い表現力を持ったHMIとして製造機械や設備のユーザビリティーの向上などに貢献でき、HMIとエッジの両面から製造現場のDXを力強く後押しするデバイスだという。

加えて、「PS6000シリーズ」は、30年前に世界初となるパネルコンピューターを発売したPro-faceブランドで培った様々なノウハウを活かして開発されており、2年間の無償保証期間に裏付けされた日本国内設計による高い製品品質だけでなく、CPUの種類やディスプレイの有無、メモリーなどの様々なオプションから用途に合わせた構成をウェブ上のコンフィグレーターから自由に選択できる高い柔軟性も備えている。

サポートの面でも「PS6000シリーズ」は、Pro-faceブランドの強みである国内自社拠点での修理対応や製品カスタマイズ、キッティングサービスなど、顧客のニーズに合わせたきめ細やかなサービスを提供する。

更に、シュナイダーエレクトリックのグローバルな拠点展開力により、欧州・アジア・北米でも日本国内と同等のサービスが可能なため、海外に出荷する装置のアフターサービスにも、ハイレベルなサポート対応を実現するという。

関連URL

「Pro-face」 
シュナイダーエレクトリック

関連記事

注目記事

  1. 2024-2-23

    オルツ、2030年までにAIクローン5000万人創出を目指し現行業務のAI移行を加速

    P.A.I.(パーソナル人工知能)をはじめ、AIクローン技術でつくり出すパーソナルAIの開発および実…
  2. 2024-2-23

    ジョリーグッド、医療DXの二大課題を解決する「ひらけ、医療。」VR活用推進キャンペーン

    ジョリーグッドは、「ひらけ、医療。」プロジェクトの一環として、医療DXにおける二大課題を解決する「ひ…
  3. 2024-2-23

    産業用AIロボット研究開発のCoLab、独自の自律制御ロボット製品「AI Servo Robot System」リリース

    過酷な単純作業を自動化しサプライチェーンの変革を目指し、産業用AIロボットの開発・販売を行うCoLa…
  4. 2024-2-20

    オンラインでBtoBマッチング「ロボット・ドローン展示会」5月1日~15日開催

    「デジタル展示会」を運営しているプライスレスは19日、オンラインでできるBtoBマッチングとして「ロ…
  5. 2024-2-20

    【生成AIの印象は…?】22.2%が、生成AIの普及が「良いとは思わない」と回答=日本トレンドリサーチ調べ=

    NEXERが運営する日本トレンドリサーチは16日、「CREXiA」と共同で「生成AI」に関するアンケ…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る