HACARUS、外観検査AIソリューションを試験導入できるスターターキット提供開始

HACARUS(ハルカス)は7日、パワフルかつ軽量な外観検査AIを今まで以上に手軽に試験導入・検証できるスターターキット「SPECTRO GO」を提供開始したと発表した。

ディープラーニングとは異なるアプローチ方法を用いて 「少ないデータ量」で実用的なAIをつくり出し、様々な業界・企業の「いま抱える」課題を解決するHACARUS(ハカルス)は、独自のスパースモデリング技術を活用し、外観検査AIソリューションを提供している。

ハカルスの外観検査AIは、少量の学習データでも高精度に、かつ省エネ・省時間で分析ができるという強みがある。また検査異常の有無だけでなく異常箇所を判定した理由を説明することができ、サンプル数が少なく・不良品データのない新製品、安価・軽量な機器でも分析が可能などの強みがあるため、これまでAI技術が活用できなかった場面での活用も期待できるという。

「SPECTRO GO」には、評価ライセンス6カ月分に加え、ドイツに本社を置くCPUボードメーカーcongatec製のCPUボード搭載のBOX PC、検査スタンド、外観検査用カメラ等が含まれる。

小型のBOX PCとカメラを接続し、カメラで分析対象の画像をサンプリングするだけで外観検査を実施することができるため、外観検査用の設備がなかったり、AIエンジニアがいない企業であっても手軽にAIソリューションの試験導入をし、外観検査AIの機能性、および業務効率化のメリットを体感できる。

ハカルスは「SPECTRO GO」の提供を通して、今までAIによる外観検査を行っていなかった、またディープラーニングによる外観検査の運用に困難を感じている多くのユーザーに、ハカルス独自のAIソリューションを利用してもらいメリットを実感してもらいたいという。外観検査へのAIの導入により、欠品見落としが低減することによる品質価値の向上や、自動化によるコスト削減・人員不足問題の解消などが期待されるという。

関連URL

外観検査AI スターターキット「SPECTRO GO」
HACARUS  

関連記事

注目記事

  1. 2024-7-17

    順天堂大学、AIを用いた脳容積解析ソフトウェアを開発

    順天堂は16日、順天堂大学保健医療学部診療放射線学科の後藤政実 先任准教授、京極伸介 教授、代田浩之…
  2. 2024-7-12

    生成AIによるオススメフォントのアドバイスサービス「DynaGPT」リリース記念キャンペーン

    主に文字フォント開発、およびその関連製品の開発・販売・保守を行う、ダイナコムウェアは、生成AIによる…
  3. 2024-7-6

    WITCRAFT、生成AIを活用した動画サービスDO/AI(ドゥ・エーアイ)を提供開始

    WITCRAFTは2日、生成AIを活用した動画サービスDO/AI(ドゥ・エーアイ)を提供開始した。 …
  4. 2024-7-3

    AI英語アプリ「マグナとふしぎの少女」、GIGAスクール端末向けにアップデート

    昨年夏、学校内で流行りすぎて公開停止となったミントフラッグの英語学習アプリ「マグナとふしぎの少女」は…
  5. 2024-6-19

    NVIDIA、生成 AI が台風を追跡しエネルギー消費を抑制

    NVIDIAは12日、従来、CPU のクラスターで複雑なアルゴリズムを実行し、25キロメートル解像度…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る