Report Ocean、ロボット工学技術市場は2027年まで15.8%のCAGRで成長すると予想

Reportocean.com(レポートオーシャン)は11日、新しいレポート「ロボット技術市場調査レポート」を追加したと発表した。

成長ドライバー、市場機会、課題、競争力のある風景、ロボット工学技術産業の脅威など、主要な市場のダイナミクスに焦点を当てているという。

レポートによると、世界のロボット技術市場は2019年に約630億米ドルと評価され、2020年から2027年の予測期間にわたって15.8%を超える健全な成長率で成長すると予想されている。

ロボット工学技術は、人間に取って代わり、人間の労働をシミュレートできる機械を開発するために、さまざまな企業で使用されている。ロボット工学技術の多くの利点には、作業中の安全性、作業速度の向上、企業の効率の向上などがある。

さらに、ロボットはタスクをより迅速に実行できるため、多くの業界が生産性と利益率を向上させるためにロボット技術を実装している。さらに、企業における自動化と安全性の必要性の高まりと、手頃な価格でエネルギー効率の高いロボットの可用性が、業界の成長を後押ししている。さらに、人件費とエネルギーコストの増加、およびさまざまな垂直産業でのロボット技術の使用の増加が、産業の成長を後押ししている。

しかし、ロボットの初期費用が高く、中小企業の知識が不足しているため、業界の成長が妨げられている。産業用ロボットの最も重要な応用分野である自動車産業は、世界中で産業用ロボットへの投資を大幅に増やしている。2020年4月、BMW AGはKUKAと、世界中の新しい生産ラインと工場に約5000台のロボットを供給する契約を締結した。KUKAによると、産業用ロボットはBMWグループの海外製造拠点で世界中で使用され、現在および将来の車両モデルを生産する予定だという。

さまざまなロボットモデルは、主にボディインホワイトの生産やその他の技術に使用されることを目的としている。契約の範囲には、ロボットの作業スペースやエネルギー供給技術を改善するために使用される線形ユニットなど、KUKAポートフォリオの他のクリエイティブアイテムも含まれる。知覚、相互作用、操作の技術的進歩により、ロボット工学はより魅力的になった。

ソフトウェアおよびその他のコンポーネントのサプライヤは、ロボットエコシステムを前進させるのに役立った。2019年12月、ソフトロボティクスはファナックとの戦略的提携を発表。ファナックは、オーバーサブスクライブされた資金調達ラウンドのスタートアップとして、ソフトロボティクスに2300万米ドルを投資した。 Soft Roboticsの革新的なmGripモジュラーグリップシステムと自動化ソリューションにより、変動性が高く構造化されていない消費財の製造、食品加工とパッケージング、eコマースのサプライチェーン自動化環境でロボットアプリケーションを効率的に実装できる。

世界のロボット技術市場の地域分析は、アジア太平洋、北アメリカ、ヨーロッパ、ラテンアメリカ、その他の世界などの主要地域について検討されている。この地域では産業用ロボットが大幅に採用されているため、アジア太平洋地域は予測期間で最も高い成長率を示すと予測されている。

中国は、国内の主要な電子機器および自動車製造部門での急速な展開の結果として、ロボット工学の採用の地域的なペースを支配している。これらのセクターは、インドなど、この地域の他の経済圏で急速に成長しているため、ビジネスの成長には大きな可能性がある。

関連URL

レポートの範囲を確認するためのリクエスト
レポートオーシャン 

関連記事

注目記事

  1. 2022-5-17

    トップページの「注目記事」に掲載する記事を募集しています。

    トップページの「注目記事」に掲載する記事を募集しています。 Society5.0時代を支えるAI(…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る