凸版印刷とインフィック、センシング×AIで介護業務を支援

凸版印刷と介護総合支援事業を展開するインフィックは20日、少子高齢化の進行により介護従事者が不足しているという社会課題に対して、センシングとAIを活用した介護業務支援システム「LASHIC+」(ラシクプラス)を開発、販売を開始すると発表した。

「LASHIC+」は、温度・人感等のセンシングが可能な簡易センサーと、それらの取得情報を統合解析できるAIにより、プライバシーを保護した状態で施設入居者の行動を把握することが可能。

また、取得したデータをAIが学習することで、施設入居者の普段とは異なる行動(異常行動)を検知し、介護従事者に向けてアラート発報をすることができる。これにより、個々人の入居者に合わせた必要十分なアラート発報による介護従事者の業務負荷を軽減する。

また、入居者の状態を可視化することで生活スタイルなどの中長期的な変化の可視化を実現。また本システムは、インフィックが展開する高齢者生活支援見守りプラットフォームLASHICと連携が可能。

なお、本ソリューションは提供開始に先立ち、インフィックのグループ法人であるまごころ介護サービスの介護施設「まごころの家*馬渕」に導入されている。

関連URL

「LASHIC+」

凸版印刷

関連記事

注目記事

  1. 2022-6-27

    仕事はもっと効率化できる!個人・企業向けAI文字起こしサービス「Notta(ノッタ)」

    【PR】 仕事を効率的に進めるために、「どのように対処すればいいのか」と悩んでいる人も多いではない…
  2. 2022-6-25

    トップページの「注目記事」に掲載する記事を募集しています。

    トップページの「注目記事」に掲載する記事を募集しています。 Society5.0時代を支えるAI(…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る