多言語AIチャットボット「ObotAI」がオペレーター機能を公開

ObotAIが提供する多言語AIチャットボット「ObotAI」は20日、API連携により顧客情報や問合せ履歴を参照し、顧客に最適なアプローチを可能にするオペレーター機能を公開したと発表した。

今回提供を開始するオペレーター機能は、ObotAIとECサイト等の顧客情報を属性や問合せ履歴から、顧客のニーズに基づいたアプローチが可能になりる。オペレーターによるチャットでのコミュニケーションにより売上・CVアップを後押しする。テストユーザーの中では、ECサイトで本機能を活用したことにより、前月比15%売上アップを実現した。

オペレーター機能は、ObotAIでチャットボットから「オペレーター対応モード」への切替を可能にし、オペレーターと顧客とのコミュニケーションを可能にする機能。顧客がチャットボットで解決できない質問がある場合などに、オペレーターがリアルタイムで回答することができる。

また、API連携によりECサイト等の顧客情報と連携が可能なため、ObotAIの管理画面より顧客の問い合わせ内容や購入履歴を確認することができる。これらを参照し、顧客のニーズにより近いアプローチが可能になるという。

関連URL

ObotAIのオプション機能と料金

ObotAI

関連記事

注目記事

  1. 2022-6-27

    仕事はもっと効率化できる!個人・企業向けAI文字起こしサービス「Notta(ノッタ)」

    【PR】 仕事を効率的に進めるために、「どのように対処すればいいのか」と悩んでいる人も多いではない…
  2. 2022-6-25

    トップページの「注目記事」に掲載する記事を募集しています。

    トップページの「注目記事」に掲載する記事を募集しています。 Society5.0時代を支えるAI(…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る