「コミュニケーションロボットは、コミュニケーションの相手として歓迎されるのか」=NRC調べ=

市場調査、世論調査、海外調査を手がけている日本リサーチセンター(NRC)は27日、コミュニケーションロボットは、その身近なコミュニケーション相手として受け入れられるかについて、インターネット調査を実施しその結果を発表した。

その結果、以下の2点が確認されたという。
調査結果の要約
結果1:現段階では、コミュニケーションロボットは自分には必要ないと思っている人がおおよそ8割
結果2:今後、世の中にコミュニケーションロボットが普及していくことに対しては、5割が歓迎

主な調査項目は、「現状のコミュニケーションロボットに対する所有意向(コロナ流行前・流行後)」、「欲しいコミュニケーションロボットのタイプ」、「今後、プライベートにおいてコミュニケーションロボットと一緒に暮らしていきたいと思うか」、「何が満たされれば、コミュニケーションロボットと一緒に暮らしていきたいと思うか」、「コミュニケーションロボットが身近にいる社会が到来することをどう思うか」。

調査概要
調査方法:インターネット調査
調査対象:全国の15〜69歳男女個人
有効回収数:1,354人(サンプル) ※2019年1月1日住基(日本人)を基に人口とエリアで割付
調査期間:2020年11月5日~11月12日

関連URL

調査結果の詳細

日本リサーチセンター

関連記事

注目記事

  1. 2024-6-19

    NVIDIA、生成 AI が台風を追跡しエネルギー消費を抑制

    NVIDIAは12日、従来、CPU のクラスターで複雑なアルゴリズムを実行し、25キロメートル解像度…
  2. 2024-6-10

    アイスマイリー、認識系から生成系までAI活用の最前線ウェビナー28日開催

    AIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイスマイリーは、ビジネス現場向け最新AIウェビナ…
  3. 2024-5-31

    リブ・コンサルティング、「生成AIアプリケーション カオスマップ2024」を公開

    リブ・コンサルティングは29日、急速に発展する生成AIビジネス市場で欧米において生成AIアプリケーシ…
  4. 2024-5-23

    そらかぜ、AIで天気と相談するコーデアプリ「そらコーデ」公開

    そらかぜと日本気象協会は22日、AIを活用した新しいアプリ「そらコーデ」をiOSおよびAndroid…
  5. 2024-5-23

    ネクストシステム、AIで人物のシンクロ度を評価 「VP-Sync」を販売開始

    ネクストシステムは20日、AIで読み取った骨格情報から、人物動作のシンクロ度を自動評価するAIシンク…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る