「コミュニケーションロボットは、コミュニケーションの相手として歓迎されるのか」=NRC調べ=

市場調査、世論調査、海外調査を手がけている日本リサーチセンター(NRC)は27日、コミュニケーションロボットは、その身近なコミュニケーション相手として受け入れられるかについて、インターネット調査を実施しその結果を発表した。

その結果、以下の2点が確認されたという。
調査結果の要約
結果1:現段階では、コミュニケーションロボットは自分には必要ないと思っている人がおおよそ8割
結果2:今後、世の中にコミュニケーションロボットが普及していくことに対しては、5割が歓迎

主な調査項目は、「現状のコミュニケーションロボットに対する所有意向(コロナ流行前・流行後)」、「欲しいコミュニケーションロボットのタイプ」、「今後、プライベートにおいてコミュニケーションロボットと一緒に暮らしていきたいと思うか」、「何が満たされれば、コミュニケーションロボットと一緒に暮らしていきたいと思うか」、「コミュニケーションロボットが身近にいる社会が到来することをどう思うか」。

調査概要
調査方法:インターネット調査
調査対象:全国の15〜69歳男女個人
有効回収数:1,354人(サンプル) ※2019年1月1日住基(日本人)を基に人口とエリアで割付
調査期間:2020年11月5日~11月12日

関連URL

調査結果の詳細

日本リサーチセンター

関連記事

注目記事

  1. 2021-6-18

    MiR、新しい台車牽引ソリューションを発売 内部輸送の自動化を促進

    自律型モバイルロボット(AMR)で世界市場をリードするモバイル・インダストリアル・ロボット(MiR)…
  2. 2021-6-16

    WHILL、慶應義塾大学病院で自動運転モビリティサービスの実証実験エリアが2階に拡張

    WHILLは16日、慶應義塾大学病院で2020年9月から進めている外来受診の患者を目的地まで自動運転…
  3. 2021-6-15

    AIポータルメディア「AIsmiley」、AI活用したサプライチェーン最適化カオスマップ公開

    人工知能を搭載したサービスの資料請求ができるAIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイス…
  4. 2021-6-14

    名古屋市、「AI・IoT人材BOOSTプログラム」2コースの参加者募集開始

    名古屋市は14日、イノベーションの担い手を創出するため、起業や新規事業の開発を目指す人材を育成するプ…
  5. 2021-6-10

    オルツ、「AI GIJIROKU」がiPhoneとAndroidに対応

    デジタルクローン、P.A.I.(パーソナル人工知能)を開発するオルツは10日、同社の「AI GIJI…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る