「Roxy AI」、少量サンプル・高速高精度の特徴に加え不良種別特定に対応

Roxyは27日、同社が開発、販売する「Roxy AI」で、少量サンプル、高速高精度、使いやすさといった特徴はそのままに、不良種別の特定に対応したと発表した。

「Roxy A」は、工業製品の外観検査、食品等の異物混入検査など、従来の画像検査処理では検出できなかった不良を、高速・高精度に検出できるパッケージソフトウェア。検査の自動化を通じて、検査コストの削減や省人化対策、品質安定化などに貢献する。

「Roxy AI」は、AIに不慣れな現場の人がAIを作成できるよう、様々な特徴的機能が備わっている。今回のバージョンアップによって、従来の不良の有無判定(違和感検知)に加えて、不良種別の特定に対応した。

不良種別毎の発生数や発生率の推移などを把握することで、品質維持のための予防保全、生産工程改善などにつなげることが可能だという。

関連URL

「Roxy AI」

Roxy

関連記事

注目記事

  1. 2024-2-20

    オンラインでBtoBマッチング「ロボット・ドローン展示会」5月1日~15日開催

    「デジタル展示会」を運営しているプライスレスは19日、オンラインでできるBtoBマッチングとして「ロ…
  2. 2024-2-20

    【生成AIの印象は…?】22.2%が、生成AIの普及が「良いとは思わない」と回答=日本トレンドリサーチ調べ=

    NEXERが運営する日本トレンドリサーチは16日、「CREXiA」と共同で「生成AI」に関するアンケ…
  3. 2024-2-16

    生成AIを通してファッションの新たな領域を切り開くイベント「TOKYO AI Fashion Week」開催

    ファッションとAIを始めとした最新テクノロジーをかけ合わせたサービス・プロダクトの開発に取り組むOp…
  4. 2024-2-8

    パナソニック コネクト、検知対象の追加や精度向上が可能な AIカメラ9機種 取扱い開始

    パナソニック コネクトは7日、i-PROの業界初となる設置現場に応じたAI追加学習を可能とするAIア…
  5. 2024-2-5

    AIポータルメディア「AIsmiley」、”生成AIで業務改革ウェビナー”を限定開催

    アイスマイリーが運営するAIポータルメディア「AIsmiley」は、"生成AIで業務改革ウェビナー"…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る