Report Ocean、AIロボットの世界市場は2027年まで年平均成長率38.6%で成長する見込み

Report Oceanが1月15日に発行した新しいレポートによると、AIロボットの世界市場は、予測期間2021-2027年に38.6%以上の健全な成長率で成長すると予測されている。

AIロボットの世界市場は2027年に489億1000万米ドルに到達 世界のAIロボット市場は、2021年に約69億米ドルと評価され、予測期間2021-2027年には38.6%以上の健全な成長率で成長すると予想されている。

人工知能ロボットは、コンピュータによって制御され、通常は人間が行う作業を行うロボット。技術の進歩に伴い、AIロボットは現在、様々なレストランや医療部門などで使用されている。生産工程に産業用ロボットを導入することで、単調な作業をより効率的に行うことができるようになり、人件費の削減にも役立っている。そのため、人工知能の実装は市場の主要なドライバーとして機能する。

人工知能ロボット市場を牽引するもう一つの要因は、社交性があり、コンパニオン、ホームセキュリティガード、患者の世話などのタスクを実行できるロボットに対する需要が増加していること。大手企業は、これらのタスクをすべてこなすロボットの開発に注力し、ロボットに革新的な変化をもたらすことで市場を拡大するとともに、市場でのそれぞれのポジションを確保している。

ハンソン・ロボティクスとセレプロックは2020年5月、先進的なAIプロジェクト「ソフィア」で協業。Sophiaは、CereProcの歌唱TTS技術を活用し、Jimmy FallonのTonight Showで人間とデュエットした最初のロボット。Sophiaは、この共同AI構想により、AIベースの合成音声が改良され、よりドラマチックで魅力的なパフォーマンスをリアルタイムで提供できるようになったほか、コメディ、緊張、興奮、そして時折の生意気なコメントも伝えることができるようになった。

NVIDIAは、ロボット工学やインテリジェントIoTなどの分野で、実践的なプロジェクトを通じてAIを教育・学習するための「Jetson NanoTM 2GB Developer Kit」を発売する予定。しかし、ロボットはハッキングされることでその悪用やデータ漏えいにつながる可能性がある。これが市場の課題となることが予想されます。また、世界的な高齢化の進展により、高齢者支援用のAIベースロボットの需要が高まっていることも、予測期間中の市場成長を高めると思われる。

世界のAIロボット市場の地域分析は、アジア太平洋、北米、ヨーロッパ、ラテンアメリカ、その他の地域などの主要地域について考察している。北米は、医療および水中アプリケーション用のAI統合型プロフェッショナルサービスロボットの需要増加により、市場シェアの面で世界的に主要な地域となっている。一方、アジア太平洋地域も予測期間2021-2027年にかけて最高の成長率を示すと予想される。小売業やセキュリティ用途でのディープラーニングやNLP技術の採用拡大などの要因が、アジア太平洋地域のAIロボット市場に有利な成長見通しを生み出すと考えられる。

レポート購入前に、無料のサンプルページをリクエスト

関連URL

Report Ocean

関連記事

注目記事

  1. 2022-5-17

    トップページの「注目記事」に掲載する記事を募集しています。

    トップページの「注目記事」に掲載する記事を募集しています。 Society5.0時代を支えるAI(…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る