アイロボットジャパン、ロボット掃除機「ルンバ i3+」「ルンバ i3」を発売開始

アイロボットジャパンは26日、ロボット掃除機「ルンバ i3+」ならびに、「ルンバ i3」を全国のアイロボット認定販売店ならびにアイロボット公式ストアでて、販売開始したと発表した。

また、「ルンバ i3+」「ルンバ i3」のサブスクリプションサービス「ロボットスマートプラン+(プラス)」おためし2週間コースのレンタル費用が抽選で合計1万人無料になる「”掃除を手放す”体験キャンペーン」や今までの掃除を手放して、新しい暮らしの夢を叶える応援をする「#ルンバと夢叶えよう キャンペーン」も実施する。

家庭用ロボットのリーディングカンパニーであるアイロボットが開発した、「ルンバ i3+」「ルンバ i3」は洗練された新しいデザインと、アイロボットジャパン史上最高の圧倒的なコストパフォーマンスを実現した最新モデル。

現在、「今までの掃除を手放して、新しいライフスタイルを。」という「ルンバ i3」のコンセプトを多くの人に体感してもらうことを目的に、「ルンバ i3+」「ルンバ i3」のサブスクリプションサービス「ロボットスマートプラン+(プラス)」おためし2週間コースのレンタル費用が抽選で合計1万人無料になる「”掃除を手放す”体験キャンペーン」を実施している。

ロボット掃除機を検討中の多くの人が懸念している「自宅の環境に合うか」や、「本当にキレイに掃除できるか」などの不安を解消するのに最適なキャンペーンで、告知から1週間、想定を超える応募があったという。ちなみに1万人が2週間、掃除を手放すと、合計5万3千時間の新しいことに取り組む時間を生み出すことができ、面積に換算すると、四国地方とほぼ同じ広さである1.79万平方キロメートルをルンバが掃除することになる。

また、発売開始に合わせ、今までの掃除を手放して、新しい暮らしの夢を叶える応援をする「#ルンバと夢叶えよう キャンペーン」も開始。「#ルンバと夢叶えよう」をハッシュタグに、叶えたい暮らしの夢をTwitterにて募集し、投稿した人の夢の中から選考して各テーマにつき1組の夢をアイロボットが叶えるという。

関連URL

キャンペーンサイト

アイロボットジャパン

関連記事

注目記事

  1. 2024-2-23

    オルツ、2030年までにAIクローン5000万人創出を目指し現行業務のAI移行を加速

    P.A.I.(パーソナル人工知能)をはじめ、AIクローン技術でつくり出すパーソナルAIの開発および実…
  2. 2024-2-23

    ジョリーグッド、医療DXの二大課題を解決する「ひらけ、医療。」VR活用推進キャンペーン

    ジョリーグッドは、「ひらけ、医療。」プロジェクトの一環として、医療DXにおける二大課題を解決する「ひ…
  3. 2024-2-23

    産業用AIロボット研究開発のCoLab、独自の自律制御ロボット製品「AI Servo Robot System」リリース

    過酷な単純作業を自動化しサプライチェーンの変革を目指し、産業用AIロボットの開発・販売を行うCoLa…
  4. 2024-2-20

    オンラインでBtoBマッチング「ロボット・ドローン展示会」5月1日~15日開催

    「デジタル展示会」を運営しているプライスレスは19日、オンラインでできるBtoBマッチングとして「ロ…
  5. 2024-2-20

    【生成AIの印象は…?】22.2%が、生成AIの普及が「良いとは思わない」と回答=日本トレンドリサーチ調べ=

    NEXERが運営する日本トレンドリサーチは16日、「CREXiA」と共同で「生成AI」に関するアンケ…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る