NewsDigestアプリの「精密体感震度」機能 利用回数200万回突破

JX通信社は11日、運営するニュース速報アプリ「NewsDigest」上で提供する、「精密体感震度」機能の利用回数がリリース約半年で200万回を突破したと発表した。

「精密体感震度」機能は、震度計では捉えきれない細かな地域ごとの揺れの「体感」を収集・表示するもの。地震学者の慶應義塾大学・大木聖子准教授監修のもと産学連携のプロジェクトで開発し、昨年8月から提供を開始した。

気象庁などが設置する震度計設置箇所(震度観測点)は全国で4300点ほどに限られている。単純平均で、1基礎自治体ごとに2〜3カ所の計算。結果、震度計の設置場所が所在地から離れている・地盤が違う等の理由で、発表される震度と体感の震度にはズレが生じる場合がある。

「精密体感震度」機能は、こうした震度計の空白を補い、見えにくい地震被害を推測するのに役立つだけでなく、周囲の人の体感震度をリアルタイムに把握できることで、ユーザーの安全・安心に寄与することを企図している。

昨年8月の提供開始以降、多くのユーザーに利用され、その利用回数は累計200万回を突破した。今後も体感震度の報告を通じて、日常的な地震対策や被害の防止に自然とユーザーの意識が向き、防災意識の向上に貢献することを期待しているという。

また、同社はユーザーからの投稿を通じて、精密な位置情報と結びつけた体感震度や、物が落ちた、構造物が崩れた等の情報を組み合わせた「地震ビッグデータ」を保有している。これらは、NewsDigestのみならず、兄弟サービスのAI×ビッグデータ リスクセンサー「FASTALERT」を通じて、政府・自治体や企業様向けにも提供している。こうしたビッグデータは、今後の地震被害リスクの把握や対策に活用できる。

同社では今後も、保有するAI×ビッグデータを基盤に、来る南海トラフ地震や首都直下地震などの大地震に備えた、防災・減災の取り組みを継続・発展させていくとしている。

関連URL

「NewsDigest」
iPhone 版
Android 版
JX通信社

関連記事

注目記事

  1. 2024-3-1

    鹿島、画像AIを用いて技能者の人数と作業時間を自動で把握するシステムを開発

    鹿島は2月29日、画像AIと独自の解析アルゴリズムを用いて、指定した作業エリア内における技能者の人数…
  2. 2024-3-1

    ユニフィニティー、AIおまかせ設定でモバイルアプリを自動生成する新機能を無料提供

    ユニフィニティーは2月29日、ノーコード・業務用モバイルアプリ作成の無料ツール「Unifinity …
  3. 2024-2-23

    オルツ、2030年までにAIクローン5000万人創出を目指し現行業務のAI移行を加速

    P.A.I.(パーソナル人工知能)をはじめ、AIクローン技術でつくり出すパーソナルAIの開発および実…
  4. 2024-2-23

    ジョリーグッド、医療DXの二大課題を解決する「ひらけ、医療。」VR活用推進キャンペーン

    ジョリーグッドは、「ひらけ、医療。」プロジェクトの一環として、医療DXにおける二大課題を解決する「ひ…
  5. 2024-2-23

    産業用AIロボット研究開発のCoLab、独自の自律制御ロボット製品「AI Servo Robot System」リリース

    過酷な単純作業を自動化しサプライチェーンの変革を目指し、産業用AIロボットの開発・販売を行うCoLa…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る