SDKI Inc.、ピースピッキングロボット市場の新レポートを発刊

SDKI Inc.は10日、ピースピッキングロボット市場の新レポートを発刊した。

この調査には、ピースピッキングロボット市場の成長に必要な統計的および分析的アプローチが含まれている。レポートで提供される主要な産業の洞察は、市場の既存のシナリオに関する読者に市場の概要についてのより良いアイデアを提供する。さらに、レポートには、市場の成長に関連する現在および将来の市場動向に関する詳細な議論が含まれている。

ピースピッキングロボット市場は、2020~2025年の予測期間中に11.7%のCAGRで成長すると予想される。eコマースと製品の品揃えに対する要件が急速の増加により、ピースピッキングソリューションの需要は大幅に増加。さらに、ピッキングなどの通常のタスクのために従業員を確保することを含む、ロジスティクス業界の労働力の不足は、倉庫管理者にとってのハードルになっている。

ピースピッキングロボットは、反復的で重要なタスクに労働を費やす必要性を排除することにより、労働者を支援する能力がある。これらはソフトウェア主導のハードウェア対応ソリューションであり、さまざまなワークフローとプロセスの一部として個々のアイテムを選択して配置するというコアタスクを処理する。ピースピッキングロボットは、eコマースの注文処理とイントラロジスティクスのパフォーマンスと効率を向上させる。

ピースピッキングロボット市場は、ロボットの種類別(協働ロボット、モバイル、その他の)、エンドユーザー垂直別(製薬、小売/倉庫/配送センター/ロジスティクスセンター)および地域別に分割される。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成される。

地域全体でピースピッキングロボットが大幅に採用されているため、アジア太平洋地域は予測期間中に最も大きな成長率を記録すると予想される。中国は、国の統治する電子および自動車製造分野での広範な展開により、ロボット工学の地域での高い採用率を保持している。日本、中国、インドなどの国々の成熟した人口は、医療技術分野の成長を推進しており、この地域にサービスロボットの巨大な市場を生み出している。

関連URL

調査レポートの詳細

関連記事

注目記事

  1. 2021-4-16

    Bodygram、AI採寸テクノロジーが健康増進アプリ「QOLism(キュオリズム)」に採用

    Bodygram Japan(ボディグラム・ジャパン)は16日、QOLeadが提供する健康増進アプリ…

ピックアップ記事

  1. 過去や未来へのタイムトラベルは、多くの人にとって「夢の旅行」だろう。そのタイムトラベルとの出会いは人…

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

    ページ上部へ戻る