AI検査製品 Roxy AI、NVIDIA GeForce RTX30シリーズへの対応とバージョンアップ

Roxyは14日、同社が開発、販売する「現場で使いこなせる」AI検査製品 Roxy AIが、
NVIDIA GeForce RTX30シリーズへの対応と、精度・検査速度向上、使い勝手向上のためのバージョンアップ(Ver. 1.8)をしたと発表した。試行ライセンスを使って、これらの新しい機能を評価できるという。

Roxy AIは、工業製品の外観検査、食品等の異物混入検査など、従来の画像検査処理では検出できなかった不良を、独自の画像処理AIの技術を使い、高速・高精度に検出できるパッケージソフトウェア。今後の人手不足への対応や、検査品質の向上を図ることができるという。
Roxy AIは、NVIDIAの最新GPUアーキテクチャAmpere対応のGeForce RTX30シリーズに対応した。最新のGPUを積んだコンピュータで、AI学習、検査が可能になった。

また、画像の大きさをリサイズしたり、検査エリア(アノテーション)のサイズを変更できるサイズ調整機能を追加。画像の大きさ、検査エリアのサイズを適切に設定することで、精度向上/検査速度向上が期待できる。

学習への寄与が小さいと考えられる、単調な画像を取り除くスイープ機能を追加。単調な画像を削減し、学習したい特徴を持つ画像の割合を相対的に増やすことで、効率よく学習できる。

さらに、複数のラベル(不良の種別)がある場合、ラベルごとに正解率・再現率グラフを表示できるようになった。ラベルごとの正解率・再現率グラフを見ることで、AIが苦手な不良の種別に注力して精度を上げることができるという。

関連URL

製品特徴ページ

動画紹介ページ

Roxy

関連記事

注目記事

  1. 2024-3-1

    鹿島、画像AIを用いて技能者の人数と作業時間を自動で把握するシステムを開発

    鹿島は2月29日、画像AIと独自の解析アルゴリズムを用いて、指定した作業エリア内における技能者の人数…
  2. 2024-3-1

    ユニフィニティー、AIおまかせ設定でモバイルアプリを自動生成する新機能を無料提供

    ユニフィニティーは2月29日、ノーコード・業務用モバイルアプリ作成の無料ツール「Unifinity …
  3. 2024-2-23

    オルツ、2030年までにAIクローン5000万人創出を目指し現行業務のAI移行を加速

    P.A.I.(パーソナル人工知能)をはじめ、AIクローン技術でつくり出すパーソナルAIの開発および実…
  4. 2024-2-23

    ジョリーグッド、医療DXの二大課題を解決する「ひらけ、医療。」VR活用推進キャンペーン

    ジョリーグッドは、「ひらけ、医療。」プロジェクトの一環として、医療DXにおける二大課題を解決する「ひ…
  5. 2024-2-23

    産業用AIロボット研究開発のCoLab、独自の自律制御ロボット製品「AI Servo Robot System」リリース

    過酷な単純作業を自動化しサプライチェーンの変革を目指し、産業用AIロボットの開発・販売を行うCoLa…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る