CFD販売とドコモ、5Gと水中ドローンを活用した漁場遠隔監視のデモ実施

シー・エフ・デー販売(CFD販売)とNTTドコモは20日、水中ドローン(FIFISH V6 PLUS)と第5世代移動通信方式(5G)による大容量・低遅延通信を活用したデモンストレーションを行ったと発表した。

5Gの大容量通信により、水中ドローンが撮影する海中の高画質な映像を遠隔地にいるユーザーのアプリケーションへ伝送する試みで、今回、養殖場にて、NTTドコモの5Gネットワークに接続したFIFISH V6 PLUSを遠隔操作し、実際に海中の映像を伝送し、遠隔地に居ながら養殖場の水中環境を高画質かつ、リアルタイムに確認することができたという。

養殖場では、海中に含まれる酸素濃度や栄養量などを生育に適した状態に保つ必要があり、無給餌養殖では、付着生物や海藻が生育を阻害する要因となるため除去作業が欠かせない。潜水士による確認や、生産物を引き上げての確認は、費用、労力、安全面で課題があるが、水中ドローンを活用することで、効率的・安全に状況確認が可能になると考えられる。

今回のデモンストレーションでは、オペレーターが遠隔地から水中ドローンを操作し、5G による大容量・低遅延通信で養殖現場の水中映像を伝送、生産物の生育状況確認を行うことができたという。

現在、水産業界では、情報通信技術(ICT)を活用して海中の状態把握を実現し、労働者の負担を削減することが期待されているが、同社もこの取り組みに積極的に参加し、水中ドローンを通じて、水産業界に貢献していくとしている。

関連URL

水中ドローン QYSEA 「FIFISH V6 PLUS」

「FIFISH V6 PLUS」カタログ

シー・エフ・デー販売

関連記事

注目記事

  1. 2022-12-27

    ユビタス、Smart Surgery社の医療ロボットの手術トレーニングにVRストリーミング技術を提供

    ユビタスは22日、クラウドゲームとメタバース関連のソリューションを提供し、Smart Surgery…
  2. 2022-12-19

    テクノスピーチ、AI歌唱ソフト「VoiSona」で新規ボイスライブラリを発売

    テクノスピーチは19日、最新のAI技術で人間の歌声をリアルに再現する音声創作ソフトウェア、「VoiS…
  3. 2022-12-14

    アルバルク東京、AIバスケットボールロボット 第六世代「CUE6」を24日お披露目

    アルバルク東京は13日、AIバスケットボールロボットの第六世代「CUE6」を、12月24日にアリーナ…
  4. 2022-12-13

    エフィシエント、AI面接練習アプリsteachに「伝わりやすさ」を解析する新機能が追加

    エフィシエント(EFFICIENT)と、就職支援事業を展開するジェイックが共同開発する面接練習アプリ…
  5. 2022-12-8

    North Hand、AI画像解析技術で介護施設利用者の事故対処する「N-SYSTEM-ai」提供開始

    現場からの声を元にした介護記録システム等の開発を手掛けるNorth Hand(ノースハンド)は8日、…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る